Terraformを使用して UbuntuまたはDebian Google Cloud Platformサーバーを展開する

本ガイドでは、Terraformを使用して、systemdで UbuntuまたはDebian Google Cloud Platformサーバーを展開する為に必要な情報を提供します。チームのプロジェクトにTerraformが使用されない場合や、プロジェクトに異なるサーバータイプを追加予定の場合など、ターゲットサーバーおよび登録タイプによっては、本ガイドの一部のトピックが当てはまらない場合もあります。 必要に応じて、チームに適合するようこれらの手順を変更するか、別のクラウド展開ガイドをご参照ください。

Terraformを使用してクラウドサーバーを作成することは、Terraformツールをパーソナルマシンにインストールし、アクセスID、 登録トークン、シークレットID 、を使用してGoogle Cloud Platformコンソールにサーバーを作成することを意味します。 サーバーの作成後、新しいサーバーがチームのアドバンストサーバーアクセスコンソールのリストに自動的に表示されます。

注意: 本ガイドでは、TerraformモジュールとしてScaleFT Starter Kitを使用します。GitHubでこのキットを表示します。セットアップには、量産環境用の会社のTerraformレポジトリを使用します。terraform.tfvarsファイルの構成値は、本ガイドの構成値と同じである必要があります。

前提条件

Terraformを使用してGoogle Cloud Platformサーバーを展開するには、次が必要です。

Google Cloud Platform

必要条件

説明

Google Cloud Platformアカウントチームの仮想マシンを作成するためにGCPコンソールにアクセスするには、Google Cloud Platformのアカウントが必要になります。

アドバンストサーバーアクセス

必要条件

説明

アドバンストサーバーアクセス・チームアドバンストサーバーアクセス内の組織を表す最上位レベルのオブジェクトです。
アドバンストサーバーアクセスプロジェクトユーザー、グループ、サーバーを編成するチームの承認の範囲です。

Terraformをダウンロードしてインストールする

  1. Terraformインストーラーをダウンロードします
  2. ダウンロードされたファイルを解凍して実行ファイルを実行します。

アドバンストサーバーアクセス登録トークンを作成する

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードで[Projects (プロジェクト)]をクリックします。
  2. サーバーを追加するプロジェクトを選択します。
  3. [Enrollment (登録)]タブを選択し、[Create Enrollment Token (登録トークンを作成する)]をクリックします。

    注意: サーバーをチームに追加するたびに、同じ登録トークンを使うことができます。既に登録トークンを作成している場合は、この手順を省略してください。

  4. トークンの説明を入力し、[Submit (送信)]をクリックします。
  5. トークンが正常に作成されたら、[Token (トークン)]フィールドの文字列をコピーして、後の手順で使用するために安全な場所に保存します。

Google Cloud PlatformプロジェクトIDを作成して保存する

  1. Google Cloud Platformコンソールへ移動し、アカウントにサインインします。
  2. ページの上部にある[Select a project (プロジェクトを選択する)]ドロップダウンを使用して、[New Project (新規プロジェクト)]ボタンをクリックします。
  3. プロジェクトに新しい名前を付け、[Location (場所)]フィールドを使用して親組織またはフォルダーを設定します。
  4. プロジェクトの作成が終了したら、[Create (作成)]をクリックします。
  5. 新しいプロジェクトのダッシュボードで、[Project Info (プロジェクト情報)]セクションからプロジェクトID 番号をコピーし、それを安全な場所に保管します。

    注意: プロジェクトのダッシュボードを見つけるには、コンソールの上部にある[Select a project (プロジェクトを選択する)]ボックスを使用します。

Terraform.tfvarsファイルを作成して構成する

  1. terraform.tfvarsという名前でファイルを作成し、次の行を追加します。

    project: "<project-id>"

    enrollment_token:"<enrollment-token>"

  2. <project-id>をGoogle Cloud PlatformプロジェクトIDに置き換えます。
  3. <enrollment-token>をアドバンストサーバーアクセスの登録トークンに置き換えます。
  4. ファイルを保存して、Terraformモジュールに配置します。

プロジェクトのGoogle ComputeEngine API を有効にする

  1. Google Cloud Platformのコンソールでプロジェクトのダッシュボードに移動します。
  2. 左側のサイドバーにある[APIs & Services (APIサービス)]タブを使用して、[Dashboard (ダッシュボード)]オプションをクリックします。
  3. 検索バーの[ENABLE APIS AND SERVICES]をクリックして、API Libraryに移動します。
  4. ページの左側にある[Category (カテゴリー)]の[Compute (コンピューティング)]をクリックします。
  5. [Compute Engine API]用のタブを選択します。
  6. [Enable (有効にする)]をクリックします。

Terraformコマンドを実行してサーバーを作成する

  1. マシンのコンソールでwhich terraformコマンドを実行して、terraformパスが存在することを確認します。

    プラットフォームによって出力は異なりますが、次のような出力になります。 /users/user/bin/terraform

  2. Terraformモジュールにいることを確認し、terraform initを実行する
  3. terraform planを実行して、terraform.tfvarsの情報が正しいことを確認します。

    エラーが発生した場合は、続行する前に必要に応じてトラブルシューティングを行ってください。

  4. terraform applyを実行してサーバーの作成を開始します。

    承認を求めるメッセージが表示されたら、「yes」と入力します。

新しいサーバーに接続する前に、新しいサーバーがアドバンストサーバーアクセスに表示されていることをご確認ください。

次の手順

サーバー登録を認証する