アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントを停止する

登録されたサーバーのアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントは、システムに定期的にチェックインします。サーバーからの連絡が4日間以上ない場合、アドバンストサーバーアクセスはサーバーをダッシュボードで非表示にします。サーバー上のエージェントを停止することで、サーバーとアドバンストサーバーアクセスとの間の通信を停止することができます。サーバーの認証トークンが期限切れになる前にエージェントが再起動されると、登録済みサーバーのリストに再び表示されます。

systemdを使用してサービスを管理するシステムでエージェントを停止する

systemdシステムとサービスマネージャーを使用するシステムでは、次を入力してアドバンストサーバーアクセスのエージェントを停止できます。

sudo systemctl stop sftd

upstartを使用してサービスを管理するシステムでエージェントを停止する

upstartを使用してサービスを管理するシステムでは、次を入力することでアドバンストサーバーアクセスのエージェントを停止できます。

sudo service sftd stop

Windowsでエージェントを停止する

Windows PowerShellを使用するか、またはServicesアプリを使用して、Windows上でアドバンストサーバーアクセスのエージェントを停止することができます。

Windows PowerShellを使用してエージェントを停止するには:

  1. WindowsロゴキーWindows 10ロゴキーを選択します。
  2. [PowerShell]を入力し、[Windows PowerShell]をクリックします。
  3. Windows PowerShellで次のコマンドを入力します。

    stop-service sftd

Servicesアプリを使用してエージェントを停止するには:

  1. Windowsロゴキー Windows 10ロゴキーを選択します。
  2. [Services]を入力し、[Services (サービス)]をクリックします。
  3. ScaleFT Serverツールを右クリックし、[Stop (停止する)]を選択します。

関連項目

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントを起動する

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをアンインストールする