Okta Mobileについての考慮事項

Okta Mobileの通知および例外についてご紹介します。

  • 長期間Okta Mobileを使用していなかった場合、認証の必要があります。Okta Mobileを30日を超えて使用しなかった場合、Okta Mobileを開く際にOkta認証情報の入力を求められます。これが発生する理由は、30日を超えて使用されなかった場合に認証期限が切れる内部トークンに、Okta Mobileが依存しているためです。このトークンの失効は、PINおよびMFAの失効の発生とは別のものです。
  • モバイルデバイスのアプリによっては、アプリ自体で認証が必要となるものがあります。Oktaでは、サポートされている大半のアプリでワンクリックアクセスが可能です。Oktaにサインインした後、 アプリ自体で認証せずにデバイスのアプリにアクセスできます。多数のアプリではフォールバック認証方法を採用しているため、アプリのサインイン認証情報を入力してアプリにアクセスできます。それでも一部のアプリではモバイルデバイスでアクセスする際にアプリの認証情報の入力が必要となるものがあります。問題が発生した場合、システム管理者にご連絡ください。
  • Okta Mobileのアプリはブラウザーで直接開くことができます。システム管理者によって組織用にOkta Mobility Management(OMM) が有効化されていない場合、アプリを長押しするとOkta Mobileのアプリをブラウザーで直接開くことができます。
  • Android搭載デバイスではOkta Mobileのウェブブラウザーからファイルをダウンロードできません。セキュリティー上の理由から、OktaではAndroid搭載デバイスでOkta Mobileのウェブブラウザーからファイルをダウンロードしたり、添付ファイルを開いたりすることができないようになっています。この制限によりマルウェアの脅威を最小限に抑えることができます。ディスクへの保存を必要としないファイルを開くことについての制限はありません。
  • iOSデバイスではOkta Mobileを評価できます。iOSデバイスでは、App Storeのアプリを評価できます。[Submit (送信)]をクリックした後、App StoreでOkta Mobileページが開き、その他のフィードバックを投稿できます。このオプションを閉じるには、[Not now (今はしない)]をクリックします。

関連トピック

Okta Mobile