macOSデバイスでOkta Verifyアカウントを再登録する

管理者によってOkta Verifyオーセンティケーターがリセットされた場合、ユーザーはOkta Verifyアカウントを再登録できます。

管理者への注意:macOS用のOkta VerifyOkta Identity Engineでのみ使用できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

  1. Account Details(アカウント詳細)]の画面で、[Re-enroll(再登録)]をクリックします。
  2. スクリーンショットで、[Account Details(アカウント詳細)]の画面のエラーメッセージと[Re-enroll(再登録)]ボタンを確認できます。

    再設定のオプションが表示されない場合、ヘルプデスクに連絡しサポートを依頼してください。

    スクリーンショットで、 [Re-enroll (再登録)]ボタンのないAccount Details (アカウント詳細)の画面のエラーメッセージをご確認いただけます。

  3. macOSデバイス上でサインインURLを使用し、Okta Verifyへアカウントを追加する」のステップ10〜12を完了してください。

関連トピック