macOSデバイスでTouch IDを有効化またはアップデートする

デバイスがTouch IDユーザー認証をサポートしている場合は、macOSデバイスでTouch IDを使用して、Okta Verifyアカウントの本人確認を行うことができます。場合によっては、Touch IDが必須になっています。この場合、アカウントにアクセスする必要があるときはTouch IDを有効にする必要があります。

管理者への注意:macOS用のOkta VerifyOkta Identity Engineでのみ使用できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

このタスクを開始する

  1. Okta Verifyを開きます。
  2. たとえば、Okta Verifyのデスクトップショートカットをクリックするか、アプリが実行中の場合は、メニューバーからOkta Verifyアイコン >[Open(開く)]をクリックします。

  3. Accounts(アカウント)]の画面で、Touch IDを無効にするアカウントをクリックします。
  4. アカウントの横にインジケーターが表示されている場合は、Touch IDが必須であるが有効になっていない状態、またはTouch IDが有効になっていたがアップデートする必要がある状態です。

    画像はmacOSのアカウント画面です。

    画像はインジケーターを使用したmacOSのアカウント画面です。

  5. Enable Touch ID(Touch IDを有効にする)]をクリックします。

    Touch IDを初めてセットアップする場合は、ステップ9に進むか、ステップ4に進んでください。

    • [Accounts details(アカウント詳細)]の画面には、Touch IDが必須である場合、またはアップデートが必要な場合にメッセージが表示されます。
    • Touch IDがすでに有効になっている場合、[Enable Touch ID(Touch IDを有効にする)]ボタンは使用できません。

  6. 画像では、macOS用の[Accounts details (アカウント詳細)]の画面で[Enable Touch ID (Touch IDを有効にする)]ボタンを確認できます。

    画像では、macOS用の[Accounts details (アカウント詳細)]の画面で[Your organization requires Touch ID (組織がTouch IDを必須としています)]ボタンを確認できます。

    画像では、macOS用の[Account details(アカウント詳細)]の画面で[Your device's Touch ID settings were changed(デバイスのTouch ID設定が変更されました)]というメッセージを確認できます。

  7. 新しく開いたタブにユーザー名を入力してください。
  8. 画像は、ユーザー名を入力するブラウザ画面です。

  9. Next(次へ)]をクリックします。
  10. パスワードを入力します。
  11. 画像は、パスワードを入力するブラウザー画面です。

  12. [Verify (確認)]をクリックします。
  13. Your identity has been verified (本人確認が完了しました)」のメッセージが表示されます。

  14. ブラウザーのタブを閉じてください。手順が完了しました。
  15. Set up(セットアップ)]をクリックし、メッセージが表示されたらTouch IDセンサーに指を置いてTouch IDをセットアップします。
  16. Touch IDがアカウントに対して必須の場合、[Not now(後で行う)]ボタンは使用できません。

    画像は、macOSでの[Set up Touch ID (Touch IDをセットアップする)]の画面です。

    画像は、macOSでの[Set up Touch ID (Touch IDをセットアップする)]の画面です。

  17. ステップ2〜8を繰り返します。
  18. Touch ID enabled(有効化されたTouch ID)]の画面で、Touch IDが正常にOkta Verifyアカウントに追加されたことを確認できます。

    画像では、macOSでTouch IDが有効になった画面を確認できます。

関連トピック