macOSデバイスのOkta Verifyからアカウントを削除する

Okta Verifyアカウントが必要でなくなった場合、macOSデバイスから削除できます。

管理者への注意:macOS用のOkta VerifyOkta Identity Engineでのみ使用できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

デバイスからアプリを削除する前にOkta Verifyからすべてのアカウントを削除してください。

  1. ブラウザーでOkta End-User Dashboardを開きます。
  2. [Setting (設定)] > [Extra Verification (追加認証)]の順に選択し (一部のユーザーには[Setting (設定)] > [Security Methods (セキュリティ メソッド)]と表示されます)、[Remove Okta Verify (Okta Verifyを削除する)]をタップまたはクリックします。
  3. Okta Verifyがインストールされているデバイスで、[Okta Verify Settings(Okta Verifyの設定)]に移動します。
  4. アプリからすべてのアカウントを削除します。
  5. アプリを閉じます。
  6. Okta Verifyアイコンを探し、アイコンを長押し(携帯の場合)するか、アイコンを右クリック(デスクトップの場合)し、[Uninstall(アンインストール)]をクリックまたはタップします。

このタスクを開始する

  1. Okta Verifyを開きます。
  2. たとえば、Okta Verifyのデスクトップショートカットをクリックするか、アプリ稼働中の場合は、メニューバーエクストラからOkta Verifyアイコン >[Open(開く)]をクリックします。

    macOSデバイスでOkta Verifyを開く手順

  3. Accounts(アカウント)]の画面で、削除するアカウントをクリックします。
  4. macOS向けOkta Verifyの新しいアカウント

  5. [Remove account (アカウントを削除する)]をクリックします。
  6. 画像では、macOS用の[Accounts details(アカウント詳細)]の画面で[Enable Touch ID (Touch IDを有効にする)]ボタンを確認できます。

  7. 指示に従って[Remove account (アカウントを削除する)]をもう一度クリックします。
  8. 該当する場合は、次のいずれかを実行します。
    • 生体認証を使用した本人確認を求められた場合は、指紋をスキャンしてください。
    • ユーザー名およびパスワードが必要な本人確認を求められた場合は、ユーザー名とパスワードを入力してください。
  9. アカウントが正常に削除されたことを知らせるメッセージが表示され、アカウントは[Accounts(アカウント)]の画面に表示されなくなります。

    アカウントは正常にメッセージを削除しました。

関連トピック