WindowsデバイスのOkta Verifyからアカウントを削除する

Okta Verifyアカウントが必要でなくなった場合、Windowsデバイスから削除できます。

管理者への注意:Windows用のOkta VerifyOkta Identity Engineでのみ使用できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

デバイスからアプリを削除する前にOkta Verifyからすべてのアカウントを削除してください。

  1. ブラウザーでOkta End-User Dashboardを開きます。
  2. [Setting (設定)] > [Extra Verification (追加認証)]の順に選択し (一部のユーザーには[Setting (設定)] > [Security Methods (セキュリティ メソッド)]と表示されます)、[Remove Okta Verify (Okta Verifyを削除する)]をタップまたはクリックします。
  3. Okta Verifyがインストールされているデバイスで、[Okta Verify Settings(Okta Verifyの設定)]に移動します。
  4. アプリからすべてのアカウントを削除します。
  5. アプリを閉じます。
  6. Okta Verifyアイコンを探し、アイコンを長押し(携帯の場合)するか、アイコンを右クリック(デスクトップの場合)し、[Uninstall(アンインストール)]をクリックまたはタップします。

Okta Verifyアカウントを削除しようとしたときに[Resource not found(リソースが見つかりません)]というエラーメッセージが表示された場合は、IT管理者にお問い合わせください。アカウントは管理者によって非アクティブ化されている場合があります。

このタスクを開始する

  1. Okta Verifyを開きます。
  2. たとえば、[Start(開始する)]を選択してOkta Verifyを検索するか、Okta Verifyのデスクトップショートカットをクリックします。または、アプリ稼働中の場合は、WindowsシステムトレイからOkta Verifyアイコン > [Open Okta Verify(Okta Verifyを開く)]をクリックします。

  3. Accounts(アカウント)]の画面で削除するアカウントを選択し、[Remove account(アカウントを削除する)]をクリックします。
  4. 指示に従い、[Remove account (アカウントを削除する)]をもう一度クリックします。
  5. 該当する場合は、次のいずれかを実行します。
    • 生体認証を使用した本人確認を求められた場合は、指紋をスキャンしてください。
    • ユーザー名およびパスワードが必要な本人確認を求められた場合は、ユーザー名とパスワードを入力してください。
  6. アカウントが正常に削除されたことを知らせるメッセージが表示され、アカウントは[Accounts(アカウント)]の画面に表示されなくなります。

    アカウントは正常にメッセージを削除しました。

関連トピック