iOS デバイスからOkta Verifyにフィードバックを送信する

iOSデバイスでOkta Verifyエラーが発生した場合、ロギングをオンにします。ログに記録されたデータは匿名で、組織の IT 部門による問題のトラブルシューティングを支援できます。組織とOktaとがログを共有して、高度なトラブルシューティングができます。ログはOktaがアプリの品質を向上させるためにも役立ちます。

はじめに

  • ログを送信する前に、ご利用のデバイスでApple Mailアプリが利用でき、セットアップされていることをご確認ください。デバイスにMailアプリがない場合には、Apple App Storeからダウンロードし、インストールしてアカウントを作成します。
  • パフォーマンスの問題を避けるために、Okta Verifyを強制終了してから 48時間後に詳細ロギングが自動的にオフになります。

この手順を開始する

アプリを評価する

  1. iOS デバイスでOkta Verifyを開き、右上にあるメニュー(...) を開きます。
  2. [Rate the App (アプリを評価する)]をタップして、ストアでOkta Verifyの評価を行います。

ロギングをオンにする

  1. iOS デバイスでOkta Verifyを開き、右上にあるメニュー(...) を開きます。
  2. [Settings (設定)] > [Feedback (フィードバック)]をタップします。
  3. [Detailed Logging (詳細ロギング)]をタップしてオンにします。
    [Diagnostics (診断)] ページで詳細ロギングを有効にする

ログを送信する

  1. iOS デバイスでOkta Verifyを開き、右上にあるメニュー(...) を開きます。
  2. [Settings (設定)] > [Feedback (フィードバック)] > [Send Logs (ログを送信する)]をタップします。
  3. 組織の IT 部門のメールアドレスを入力し、[Send(送信)] をタップします。

ログを消去する

  1. iOS デバイスでOkta Verifyを開き、右上にあるメニュー(...) を開きます。
  2. [Settings (設定)] > [Feedback (フィードバック)] > [Clear Logs (ログをクリアする)]をタップします。

ロギングをオフにする

ロギングはいつでもオフにできます。

  1. iOS デバイスでOkta Verifyを開き、右上にあるメニュー(...) を開きます。
  2. [Settings (設定)] > [Feedback (フィードバック)]をタップします。
  3. タップして [Detailed Logging (詳細ロギング)] をオフにします。

関連トピック

Okta Verifyで認証する

Okta Verifyのトラブルシューティング