AndroidデバイスでデフォルトのOkta FastPassアカウントを設定する

同じ組織内でOkta FastPassを使用したOkta Verifyアカウントを複数お持ちの場合、そのうちの1つをデフォルトとして選択できます。このアカウントは、Okta FastPassでアプリにサインインする際に使用されます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

管理者への注意:この機能はOkta Identity Engineでのみ使用できます。

デフォルトのアカウントを設定していない場合、本人確認を行う際に使用するOkta FastPassのアカウントがOkta Verifyによって無作為に選択されます。 これは、後続のサインインの試行に使用されるOkta FastPassアカウントになります。

デフォルトのOkta FastPassアカウントが無効である場合、[Account Details(アカウントの詳細)]ページにメッセージが表示されます。この問題を解決するには、別のアカウントをデフォルトとして選択するか、可能であれば再度有効にします。アカウントを再度有効にする方法は、[MFA reset issues (MFAリセットの問題)]を参照してください。

このタスクを開始する

  1. Okta Verifyを開き、Okta FastPassでサインインに使用するアカウントをタップします。
  2. [Account Details(アカウントの詳細)]ページで、[Options(オプション)]へ移動して、アカウントがOkta FastPassのデフォルトとしてすでに設定されているかどうかを確認します。
    • デフォルトのOkta FastPassアカウントになっている場合は、緑色のチェックマークが表示されています。これで、タスクは完了しました。その他の操作はありません。

      このアカウントがOkta FastPassでサインインするためのデフォルトのアカウントかを確認する方法

    • デフォルトのOkta FastPassアカウントではない場合、[Set as default(デフォルトとして設定する)]をタップします。

関連トピック

AndroidデバイスでOkta Verifyアカウントの詳細を表示する