WindowsデバイスでOkta FastPassを使用してサインインする

デバイスがOkta FastPass用にセットアップされている場合、パスワードの入力なしでアプリのアカウントに安全にアクセスできます。

管理者への注意:Windows用のOkta VerifyOkta Identity Engineでのみ使用できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

デバイスで生体認証を変更またはリセットすると、[Sign in with Okta FastPass (Okta FastPassを使用しサインインする)]がセキュリティメソッドの一覧に表示されますが、機能しません。この問題を解決するには、生体認証を無効にしてから再度有効にします。サポートが必要な場合は、ヘルプデスクにお問い合わせください。

開始する前に

最新バージョンのOkta Verifyがデバイスにインストールされていることを確認してください。

このタスクを開始する

  1. Sign in with Okta FastPass(Okta FastPassを使用してサインイン)]をクリックします。
  2. スクリーンショットでサインインプロンプトを確認できます。

  3. 指示に従い、指紋リーダーで指をスキャンします。
  4. Okta Verifyの通知を承認します。[Yes, it’s me. (はい、本人です。)]をクリックします。
  5. Okta Verifyのプッシュ通知

    本人確認が完了したことを知らせる通知が届きます。

関連トピック