アカウント設定を管理する

アプリダッシュボードを使用してアカウントに関連するタスクを実行します。情報の編集、管理者からの通知の閲覧、パスワードのリセット、表示言語のカスタマイズなどです。

はじめに

  • ユーザー名が分からない場合は、組織のOktaアカウントを設定した社内担当者にお問い合わせください。
  • パスワードを忘れた場合、サインインページ下部にある[パスワードを忘れた場合]のリンクを使って新しいパスワードを生成してください。リンクを使用できない場合は、IT部門にお問い合わせください。

タスク

情報を編集する

アプリダッシュボードを使用して、管理者に連絡せずに以下の個人情報を編集することができます。

  • プライマリメールアドレス
  • セカンダリメールアドレス
  • 電話
  • セキュアイメージ
  • パスワード
  • 表示言語
  • パスワードを忘れた場合の秘密の質問

検証要素の使用が義務付けられている場合は、その要素を追加することもできます。

Okta通知を表示する

アプリダッシュボードでは、管理者からの通知を受信します。また、以前のメッセージも[通知]メニューで表示できます。

新しいアプリの割り当てが完了すると、通知を受信します。これらは、自動的に送信される1回限りのメッセージです。[Notification(通知)]ボックスを閉じると、新しいアプリの割り当てを通知するメッセージが削除されます。新たに割り当てられたアプリは、ダッシュボードのアプリカタログの上部で確認できます。

また、管理者から送信された通知も受信します。これらの通知の作成と管理は管理者が行います。

新しいメッセージがある場合、[Home(ホーム)]ページにアクセスすると、[Notifications(通知)]リストが自動的に表示されます。このリストを開けば、いつでも以前のメッセージを確認できます。

以前の通知を表示するには、Okta End-User Dashboardの左側にあるサイドバーで、ベルのアイコンがついた[Notifications(通知)]タブをクリックしてください。

Oktaパスワードをリセットする

アプリダッシュボードを使用して、管理者に連絡せずにパスワードを変更することができます。

  1. コンピューターからOktaにサインインします。たとえば、https://company.okta.comです。ここで、companyは会社または組織の名前です。
  2. ユーザー名およびパスワードを入力し、認証プロンプトに従います。
  3. Oktaホームページから、自分の名前をクリックしてドロップダウンメニューを開きます。
  4. [Settings(設定)]をクリックします。[アカウント]ページが開きます。
  5. 以下のいずれかの方法でパスワードを変更します。
    • [パスワード変更]セクションで、現在のパスワードと新しいパスワードを入力します。新しいパスワードを確定します。[パスワード変更]をクリックして変更を確認します。
    • [Change Password(パスワード変更)]セクションで、パスワード変更のリンクをクリックします。サードパーティのページにリダイレクトされるので、そこでパスワードをリセットできます。
    • [Security Methods(セキュリティ方式)]セクションで、[Password(パスワード)]の横の[Reset(リセット)]をクリックします。サードパーティのページにリダイレクトされるので、そこでパスワードをリセットできます。

サインインせずにOktaのパスワードをリセットする

パスワードを忘れた場合は、以下の手順でリセットできます。

  1. コンピューターのブラウザーでOktaのサインインURLを入力します。たとえば、https://org-name.okta.comと入力し、org-nameは会社名またはOrganization名を示します。

  2. サインインパネル下部にある[Need help signing in?(サインインにヘルプが必要ですか?)]のオプションをクリックして、[パスワードを忘れた場合]を選択します。

  3. 仕事用のメールアドレスを入力し、[メールからリセット]をクリックします。パスワードをリセットするための手順とリンクが記載されたメールが届きます。

    注:Identity Engine orgのメンバーである場合は、orgの設定に応じて、パスワードのリセットに他のMFA要素を使用するオプションがある場合があります。

  4. すべてのデバイスとブラウザーでサインインを終了するには、[Sign me out of all other devices(他のすべてのデバイスからサインアウトする)]チェックボックスを選択します。

    重要:アカウントが侵害されていると思われる場合は、すべてのデバイスからサインアウトしてください。

要素にニックネームを付ける

Identity Engine orgのメンバーである場合は、要素にニックネームを付けることができます。電話、WebAuthnOkta Verifyの複数の要素を登録した場合、ニックネームはそれらをすばやく識別するのに役立ちます。たとえば、「自分の個人用携帯電話」や「自分のオフィス用MacBook TouchID」などです。

  1. Oktaにサインインします。
  2. アプリダッシュボードでユーザー名をクリックし、[Settings(設定)][Security Methods(セキュリティ方式)] に移動します。
  3. 要素の横にある[Nickname(ニックネーム)]をクリックします。
  4. ニックネームを追加します。文字数の上限は256文字です。
  5. [Save(保存)]をクリックします。

ニックネームを削除することもできます。

  1. 要素の横にある[Nickname(ニックネーム)]をクリックします。
  2. ニックネームを消去して[Save(保存)]をクリックします。要素名が元の名前に戻ります。

表示言語を選択する

サポート対象言語のリストから自分の言語を選択して、Oktaエクスペリエンスをカスタマイズします。Oktaにサインインすると、選択した言語でアプリダッシュボードが表示されます。Oktaによって生成されたすべてのメールも、選択した言語で表示されます。

  1. Oktaにサインインします。
  2. アプリダッシュボードからユーザー名をクリックし、[Settings(設定)]>[Display Language(表示言語)]を開きます。
  3. [Edit(編集)]をクリックします。
  4. ドロップダウンリストから言語を選択します。
  5. [Save(保存)]をクリックします。

関連トピック

アプリを使用する

Okta Browser Plugin