iOSデバイスでOkta FastPassを使用してサインインする

サインインウィンドウでOkta FastPassによる本人確認を求められ、このオプションを選択した場合は、パスワードを入力しなくてもアプリアカウントに安全にアクセスできます。

管理者への注意:この機能はOkta Identity Engineでのみ使用できます。

はじめに

最新バージョンのOkta Verifyがデバイスにインストールされていることを確認してください。

このタスクを開始する

デバイスでアプリまたはOktaエンドユーザーダッシュボードにアクセスすると、Okta FastPassを使った認証を求められる場合があります。

Okta FastPassを使ってサインインするためのプロンプトが表示されます。 Okta FastPassを使ったサインインのプロンプト。

[Okta FastPassを使用する]または[Sign in with Okta FastPass(Okta FastPassを使用してサインイン)]をタップすると、Okta Verifyによる本人確認が行われます。

プロンプトに従って、本人確認を行ってください。

  • アカウントでFace IDまたはTouch IDを有効にした場合、Okta VerifyはFace IDまたはTouch IDの入力を求めます。顔と指紋をスキャンします。
  • または、Okta Verify同意ウィンドウをタップします。

    Okta Verify Push通知。

本人確認を行うと、アプリのアカウントまたはアプリのダッシュボードにアクセスできるようになります。

Okta Verifyで別の構成が必要な場合は、デバイスに表示されるメッセージに従ってください。

  • Face IDまたはTouch IDを有効にするよう求められた場合は、[Enable(有効にする)]をタップします。
  • Okta FastPassに追加のセットアップが必要な場合は、[Setup(セットアップ)]をタップします。

    追加の構成をセットアップするためのプロンプト。

  • Okta Verifyアカウントをまだ持っていない場合は、プロンプトが表示されたら[ Add Account(アカウントを追加する)]をタップし、手順に従います。

    Okta Verifyアカウントの追加を促すプロンプト。

既知の問題

  • ChromeまたはSafariでiPadまたはiOSデバイスのOkta FastPassを使ってアプリにサインインすると、すでにインストールされている場合でもOkta Verifyのダウンロードが求められることがあります。この問題が生じたときは、ブラウザーキャッシュをクリアしてアプリにアクセスし直します。Okta Verifyアプリを開くように求められたら、[Yes]をタップします。[No]をタップすると、キャッシュが再度クリアされるまでブラウザーはアプリへのリンクを無視します。問題が解決しないときは、デバイスのオペレーティングシステムを最新バージョンに更新してください。
  • エンドユーザーダッシュボードから、またはアプリのURLを使ってネイティブモバイルブラウザーでデバイス上のアプリにアクセスしようとすると、アプリのサインインページにリダイレクトされる場合があります。デバイスのOkta VerifyOkta FastPassと生態認証が有効になっていても、サインインウィンドウでユーザー名とパスワードを入力するように求められます。この問題を解決するには、次の手順に従います。
    1. Okta End-User Dashboardを開きます。
    2. アクセスしたいアプリケーションのアイコンを検索します。
    3. 右上の歯車をタップして[Settings(設定)]メニューを開きます。
    4. [Reveal Password (パスワードの表示)]をタップします。
    5. ネイティブブラウザーのアプリのサインインページでパスワードをコピー&ペーストします。

    アプリアカウントにアクセスできるようになります。

関連項目

iOSデバイスのOkta Verifyでサインインする