サンプルポリシー アプリケーションを追加する

このチュートリアルの目的は、Access Gateway Admin UIコンソールを介してサンプルポリシー アプリケーションをセットアップするプロセスを順を追って説明することです。

開始する前に

以下を確認します:

    (missing or bad snippet)
  • アプリケーションに適したDNS エントリが存在する。

サンプルポリシー アプリケーションを追加する

    (missing or bad snippet)
  1. 左側のメニューから[Access Gateway Sample Policy(Access Gatewayサンプルポリシー)]オプションを選択し、[Create(作成)]をクリックします。

    追加を選択して[Sample Policy App(サンプルポリシー アプリ)]をクリックします。

    [New Protected Application(保護対象アプリケーションの新規作成)]ウィザードが開始し、追加するアプリケーションの[Setting(設定)]タブが表示されます。

  2. [Essentials(基本設定)]ペインで以下を指定します:

    フィールド
    Label(ラベル)アプリケーションの名前。デフォルトは 「Sample Policy App」に設定されています。
    Public Domain(パブリックドメイン)policy.<your domain tld>などの完全修飾ホスト名。
    Group(グループ)アプリケーションへのアクセス権を持つユーザーが含まれるグループを入力します。
    Description(説明)任意。適切なアプリケーションの説明。
  3. (missing or bad snippet)
  4. [Next(次へ)]をクリックします。

  5. [Attributes(属性)]ペインの内容を確認して[Next(次へ)]をクリックします。

  6. 様々な条件のサンプルポリシー一式が含まれた[Policy(ポリシー)]ペインの内容を確認します。完了したら[Done(完了)]をクリックします。
    Access Gatewayが新規アプリケーションを追加し、[Applications(アプリケーション)]タブにリダイレクトします。
    サンプルポリシー アプリケーションで事前定義されたポリシーを確認します。

テスト

  1. [Goto application(アプリケーションに進む)]をクリックし、[IDP Initiated(IDP開始)]を選択してアプリケーションが動作していることを確認します。

    サンプルCookieアプリケーションをテストする

  2. アプリケーションページで、サンプルポリシー アプリがお使いのプロファイル情報と一致しているか確認します。
    サンプルポリシー情報

関連項目

(missing or bad snippet)