旧管理者ダッシュボード

Oktaの旧管理者ダッシュボードはアプリの使用状況とアクティビティの概要を表示し、対処すべき問題または未完了の作業を通知します。また、サイドバーで一般的に実施されるタスクへのショートカットも提供します。

注

スーパー管理者は管理者ダッシュボードから[Turn on the new experience(新規エクスペリエンスをオンにする)]をクリックすることで、管理者エクスペリエンスの再設計を有効にできます。新しい管理コンソールでは、より応答性の高いナビゲーションで、強化された最新式のユーザーエクスペリエンス(UX)が提供されています。管理者エクスペリエンスの再設計を参照してください。

Okta管理者ダッシュボードの内容

ステータス過去の操作と実施すべきタスクのリストを表示する通知ボックスです。ユーザーおよびアプリケーションの検索も含まれます。
使用状況 組織の使用状況とアプリの統計を表示します。このセクションを展開して、最もよく使われるアプリと最もアクティブなユーザーのリストを表示できます。以下に注意してください。
  • 管理者ダッシュボードはOktaでユーザーごとに一意なログインをカウントします。
  • アプリの使用状況レポートのサイドバーには、サードパーティ アプリケーションのシートまたはアカウントごとに一意なログインがカウントされます。

その結果、サードパーティ アプリケーションで1人のユーザーが複数のアカウントを持っている場合、サイドバーアプリの使用状況レポートの一意な数は、ダッシュボードの数よりも大きくなることがあります。

最近の管理アクティビティ アプリの構成や割り当て情報など、[System Log(システムログ)]から選択したイベントを表示します。[System Log(システム ログ)]ショートカットをクリックするとシステム ログにすべてが表示されます。
セキュリティに関するヒント 組織のセキュリティ体制を強化するためにOktaが有効化を推奨するセキュリティ機能のチェックリストを表示します。

この設定は[Security(セキュリティ)]> [General(一般)]に進むことでも構成できます。

詳しくは、HealthInsightを参照してください。

ショートカット よく利用されるタスクへのリンクです。
レポート 各レポートへのリンクです。

タスク ページ

タスク ページには、ダッシュボードページの[Status(ステータス)]セクションにリスト表示されているタスクに関する詳細が表示されています。

大量のプロビジョニング解除タスクがある場合、タスクページを読み込もうとする際にタイムアウトが発生することがあります。定期的にこれらのタスクを完了済みにマークするようにしてください。タスクページで[Mark All Complete(すべてを完了にマーク)]を選択するか、[Application accounts need deprovisioning(アプリケーション アカウントにはプロビジョニング解除が必要)]リンクを選択して特定のタスクを完了にマークします。このページにプロビジョニング解除タスクのアラートを表示したくない場合、タスクページで[Don’t create deprovisioning tasks(プロビジョニング解除タスクを作成しない)]を選択します。

タスクはグループのアプリ割り当てと個別のアプリ割り当て中に作成されます。グリープ割り当てを個別の割り当てに変換できますが、個別の割り当てをグループ割り当てに変換できないため、変換は不可逆的です。この変換は、今後グループに加える変更が優先されるタスクに変更を加える場合に役立ちます。

情報

  • タスクを完了にマークすることでjobappサーバーでタスクがプロセスされます。つまり大量にプロセスする場合はオフピーク時に実行することを勧めます。
  • ユーザーで、アプリケーションの割り当てに必要な必須属性が欠けている場合、アプリケーションは何も割り当てられません。この場合、アプリケーションは[User Profile(ユーザー プロファイル)]ページのアプリケーションに表示されず、ダッシュボードにタスが作成されます。プロビジョニング エラーが発生した場合、アプリケーションはユーザーに割り当てられますが、ユーザー プロファイルページのアプリケーションリストにエラータスク/警告が表示されます。

通知ページ

カスタム通知を作成してエンドユーザーに送信できます。このページから、送信済みのすべてのカスタム通知を表示したり、メッセージを削除したり、新規にカスタム通知を作成したりできます。

エンドユーザー向け通知の概要

Oktaはエンドユーザーに向けて以下の2種類の通知を出します。

    • 新しいアプリ割り当て:この通知はユーザーに新たにアプリが割り当てられた時に自動的に送信されます。これらは1回限りのメッセージであり、ユーザーが通知ボックスを閉じると新しいアプリ割り当てメッセージは削除されます。
    • 管理者によるカスタム通知:管理者はこれらの通知を作成して管理します。

通知の表示

すべてのメッセージに対して、エンドユーザーがホームページを起動すると直ちにダイアログが自動的に起動します。これにより、エンドユーザーは直ちに1つまたは複数の新規メッセージがあることを認識できます。その後エンドユーザーはダイアログを閉じ、いつでも再び開いて過去のメッセージを確認できます。

以前に表示した通知を見るには、エンドユーザーは通知アイコンをクリックして通知を開きます。

エンドユーザー向け通知のアクション

通知の削除:削除したいメッセージの横にある削除アイコン(X)をクリックします。[Delete Message(メッセージの削除)]確認ダイアログが開きます。

新規通知の作成[Send New Message(新規メッセージを送信)]を選択し、新しい通知ダイアログが開いたらそこに送信したいメッセージを入力します。メッセージは150文字を超えることはできません。組織のエンドユーザー全員にメッセージを送信し、管理者の通知リストにあるメッセージを追跡するには、[Send to Everyone(全員に送信)]をクリックします。

はじめに

[Getting Started(はじめに)]ページのタスクはスーパー管理者権限を必要とするため、このページはスーパー管理者のみに表示されます。新しい管理者には[Getting Started with Okta(Oktaで作業を開始)]ページが表示され、基本的な説明、組織の構築、その他のOkta機能の探索ができます。Getting Started with Okta(Oktaで作業を開始)はOkta統合をセットアップする際に便利な方法です。重要なセットアップ タスクを完了するとアイコンが表示されます。詳しくは、Oktaのスタートガイドを参照してください。