macOSのアプリケーション・インベントリ

Info

Okta Mobility Managementについて

  • OMMメニューは、Okta Mobility Management(OMM)を実装する組織でのみ使用できます。
  • このページに記載されている手順は、組織ですでにOMMを購入しているお客様のみが利用できます。OMMの新規販売はサポートされていません。詳細については、Oktaサポートにお問い合わせください。

[アプリケーション・インベントリ]ページには、ユーザーがmacOSデバイスにインストールしたアプリケーションが一覧表示されます。このページは次のことに役立ちます。

  • ソフトウェア・ライセンス条項の超過に関連するコストを回避するために、ソフトウェア監査用のデータを収集する。
  • 契約とライセンスを追跡するツールの必要性をなくす。
  • エンド・ユーザーのmacOSデバイスのセキュリティー状態を評価する。適切でないアプリが検出された場合に、組織が安全でないデバイスから企業データをプロビジョニング解除できる。
  • 侵害されたデバイスをすばやく特定する。

アプリケーション・インベントリにアクセスする

  1. 管理コンソールで、[OMM] > に移動します [アプリケーション・インベントリ]
  2. この機能が有効になっていない場合は、[アプリケーション・レポートを有効化]をクリックします。

アプリケーション・レポートを有効にした後にmacOSデバイスが登録されると、エンド・ユーザーがインストールしたアプリケーションがリアルタイムでレポートされます。ただし、アプリケーション・レポートを有効にする前にデバイスが登録されていた場合、レポートが開始されるまでに最大24時間かかる場合があります。


すべてのアプリのデバイス・データを含むCSVファイルをダウンロードする

[CSVをダウンロード]をクリックします。


アプリのデバイス・データをエクスポートする

アプリの[デバイス数]リンクをクリックします。


関連項目