macOSのアプリケーション・インベントリ

  • [OMM]メニューは、Okta Mobility Management(OMM)を実装している組織のみが利用可能です。
  • このページに文書化されている手順は、自組織用にOMMを既に購入されているお客様のみご利用いただけます。OMMの新規ご購入はサポートされていません。詳細については、Oktaサポートにお問い合わせください。

[Application Inventory(アプリケーション・インベントリ)]ページには、ユーザーがmacOSデバイスにインストールしたアプリケーションが一覧表示されます。このページでは、以下のことができます。

  • ソフトウェアの監査のためのデータを収集し、ソフトウェアのライセンス条件を超えた場合の関連コストを回避する。
  • 契約やライセンスを追跡するツールの必要性がなくなる。
  • エンドユーザーのmacOSデバイスのセキュリティ状態を評価する。不良アプリが検出された場合、組織は安全でないデバイスからエンタープライズ・データのプロビジョニングを解除できます。
  • 不正アクセスされたデバイスを迅速に特定する。

アプリケーション・インベントリにアクセスする

  1. 管理コンソールで、[OMM] > [Application Inventory(アプリケーション・インベントリ)]に移動します。
  2. 機能が有効になっていない場合は、アプリケーション・レポートの[Enable(有効化)]をクリックします。

アプリケーション・レポートが有効になった後にmacOSデバイスが登録された場合、エンドユーザーがインストールしたアプリケーションがリアルタイムでレポートされます。ただし、アプリケーションレポートが有効になる前にデバイスが登録された場合、レポートが開始されるまでに最大24時間かかることがあります。

すべてのアプリのデバイス・データを含むCSVファイルのダウンロード

[Download CSV(CSVのダウンロード)]をクリックします。

アプリのデバイス・データをエクスポートします。

アプリの[Device Count(デバイス数)]リンクをクリックします。

関連項目