管理対象構成でサイト名とユーザー名を事前構成する

エンドユーザーの操作性を向上させるため、サードパーティのEMMプロバイダーがAndroid†およびiOS用のOkta Mobileアプリのサイト名(ドメイン)とユーザー名を事前構成できる管理対象構成のサポートを追加しました。

この機能はAndroid for Workが管理するAndroidデバイスで機能します。

制限要素

キー値(例)
siteNameacme
usernamejane.doe@acme.com

詳細については、「Setting Up Managed Configurations」(Android)または「Managed Applications」(Apple)を参照してください。

期待される機能

管理者は、ユーザーがサインインしていない場合にサイト名やユーザー名を事前構成または更新します。

  • ユーザーのサインイン画面に、管理者が設定または更新した新しいサイト名またはユーザー名、あるいはその両方が表示されます。
  • ユーザーは事前構成された値を変更できます(たとえば、管理者が誤った値を構成した場合など)。
  • サイト名とユーザー名が有効な場合、ユーザーはサインインできます。

管理者は、ユーザーがすでにサインインしている場合にサイト名やユーザー名を事前設定または更新します。

  • ユーザーは中断を受けることなく、以前と同じようにアプリを使用できます。
  • すでにサインインしているユーザーは強制的にサインアウトしません。
  • ユーザーがログアウトすると、サインイン画面に、管理者が設定した新しいサイト名またはユーザー名、あるいはその両方が表示されます。

管理者は、Okta Mobileがデバイス上でアクティブなアプリである場合に、サイト名やユーザー名を更新します。

  • サイト名やユーザー名はサインイン・ページで動的に更新されます。