プライベート・アプリをアプリ・ストアにアップロードする


Info

Okta Mobility Managementについて

  • OMMメニューは、Okta Mobility Management(OMM)を実装する組織でのみ使用できます。
  • このページに記載されている手順は、組織ですでにOMMを購入しているお客様のみが利用できます。OMMの新規販売はサポートされていません。詳細については、Oktaサポートにお問い合わせください。

プライベート・アプリとは、お客様が作成し、OMMに登録されたエンド・ユーザーに配布するネイティブ・アプリ(社内で開発されたエンタープライズ・アプリ)です。エンド・ユーザーは、モバイル・デバイスからアクセス可能なアプリ・ストアからプライベート・アプリを取得します。(iOS デバイスのエンド・ユーザーの場合はMobile App Store、Androidデバイスのエンド・ユーザーの場合はPlay for Work。)アプリが管理対象アプリの構成をサポートする場合、「管理対象アプリケーションの構成」を参照して、Okta Mobility Management(OMM)によってインストールされたすべての管理対象アプリに送信可能な事前設定済みのキーと値のペアをセットアップします。

注意:

  • プライベート・アプリはエンド・ユーザーのデスクトップOktaのホームページには表示されません。
  • AndroidiOSアプリの配布方法の違いに注意してください。
    • Androidアプリ:エンド・ユーザーへの配布用に、公開アプリと非公開アプリをGoogle PlayストアにアップロードしてOkta内からリンクできます。
    • iOSアプリ:エンド・ユーザーへの配布用に、非公開エンタープライズ署名アプリのみをOktaにアップロードできます。