マネージド・モバイル・アプリへのアクセスを有効にする

  • [OMM]メニューは、Okta Mobility Management(OMM)を実装している組織のみが利用可能です。
  • このページに文書化されている手順は、自組織用にOMMを既に購入されているお客様のみご利用いただけます。OMMの新規ご購入はサポートされていません。詳細については、Oktaサポートにお問い合わせください。

Okta Mobile内からOMMに登録したエンドユーザーがアクセスできるアプリ・ストアに、モバイル・アプリケーションを公開することができます。(iOSデバイスのエンドユーザーにはモバイル・アプリ・ストア、AndroidデバイスのエンドユーザーにはPlay for Work)。これにより、エンドユーザーは、Oktaが管理するモバイル・アプリをダウンロードする単一の場所を得ることができます。エンドユーザーは、自分に割り当てられ、有効化かつデプロイされたモバイル・アプリを取得することができます。マネージド・アプリと個人用アプリの間でデータを転送するかどうかを指定することができます。

AppleとGoogleのアプリ・ストアから入手できるすべての公開モバイル・アプリが、Okta Mobileからアクセスできるアプリ・ストアを介してOMM登録ユーザーに配布できるわけではありません。(iOSデバイスのエンド・ユーザー向けのモバイル・アプリ・ストア、Androidデバイスのエンド・ユーザー向けのPlay for Work)。

OMMを介して公開モバイル・アプリをエンド・ユーザーに配布する前に、Oktaサポートは公開アプリをOkta Integration Network(OIN)に追加する必要があります。Oktaサポートに要求を送信するには、ケースを開き、アプリ名とアプリへのリンクを適切なアプリ・ストアに提供します。

Oktaサポートケースを作成する」を参照してください。

ネイティブのモバイル・アプリを配布するには、次のようにします。

  1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. モバイル・アクセスをサポートするアプリを選択し、[Mobile(モバイル)]タブをクリックします。

    アプリの[Mobile(モバイル)]タブの[Mobile Access(モバイル・アクセス)]セクションは、Okta Mobile Management(OMM)ポリシーとの連携が確認されているOkta Integration Networkアプリでのみ利用可能です。

  3. [Distribution(配布)]設定を構成します。
    1. 鉛筆アイコンをクリックします。
    2. [Distribution(配布)]セクションで、実装に適したオプションのいずれかを以下から選択します。
      • ユーザーは、会社のアプリ・ストア(Android、iOS)からアプリをインストールすることができます。
      • 登録時にユーザーにアプリのインストールを促す(iOS 7+ のみ)
      • ユーザーがすでにアプリを持っている場合は、会社のアプリ・ストアからこれをマネージド・アプリとして使用できるようにする(iOS 9以上のみ)
  4. [Deploy(デプロイ)]セクションで、[Make this app available to users(このアプリをユーザーに提供する)]を選択します。
  5. [Save(保存)]をクリックします。

すでにOMMに登録しているiOSデバイスのユーザーには、これらの[Distribution(配布)]設定の変更は表示されません。OMMに登録されているすべてのユーザーに、会社のアプリ・ストアに追加したアプリが表示されます。

AndroidとiOSのアプリには、次のような違いがあります。

  • Androidアプリ:Google Playストアにパブリック・プライベート・アプリをアップロードし、Okta内からリンクしてエンドユーザーに配布することができます。
  • iOSアプリ:企業署名入りのプライベートアプリのみをOktaにアップロードしてエンドユーザーに配布できます。