管理者権限の編集、取り消し

スーパー管理者のみが他の管理者の権限の編集や取り消しを行えます。ただし、割り当てを行ったときの方法と同じ方法を使用する必要があります。たとえば、ユーザーのグループにアプリ管理者の権限を割り当てる場合、そのグループの個々のユーザー単位で権限を取り消すことはできません。グループ全体から権限を取り消す必要があります。同様に、アプリケーション管理者のグループの中の1人に個人として権限が割り当てられている場合、そのグループの権限を取り消してもそのユーザー個人の権限には影響しません。個人の権限を取り消す必要があります。

スーパー管理者として割り当てられた個人が1名しかいない場合は、その権限の編集や取り消しはできません。他の個人にスーパー管理者の権限を割り当ててから、もとのスーパー管理者の権限の編集または取り消しを行います。

注意

ユーザー・ライフサイクルの権限を持つ組織管理者やグループ管理者は、スーパー管理者をディアクティベートして、ロールの割り当てを取り消せます。ただし、個人として割り当てられた最後のスーパー管理者のロールの割り当てはアクティブなままになります。最後のスーパー管理者は、取り消された他のスーパー管理者の割り当てをリアクティベートできます。

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [Administrators(管理者)]に移動します。
  2. [Admin Types(管理者タイプ)]ペインで、ユーザーまたはグループで管理者を絞り込みます。
  3. 権限を編集するには、管理者またはグループの[Actions(アクション)]列の鉛筆アイコンをクリックします。編集を行い、次にクリックします管理者を更新します
  4. 権限を取り消すには、管理者またはグループの[Actions(アクション)]列のXアイコンをクリックします。 削除を確定します。

次の手順

管理者権限を割り当てる

管理者を表示して監査する

管理者向けにデフォルトのメール通知を設定する