U2Fセキュリティ キー - FIDO 1.0 (MFA)

エンドユーザーはU2Fを使用してOktaにサインインします。サポートされているU2Fセキュリティ キーの例には、YubiKeyやTitanセキュリティ キーがあります。

U2FはChromeFirefoxブラウザでのみサポートされています。

情報

U2Fセキュリティ キーはRADIUS対応の実装とは互換性がありません。

U2Fセキュリティ キーの設定

この要素を設定した後ユーザーが組織に初めてサインインすると、 [Set up multifactor authentication(多要素認証のセットアップ)]ページが表示され、以下のステップを実行する必要があります。

  1. [Setup (セットアップ)]をクリックします。
  2. プロンプトに従って、セキュリティ キーを登録してセットアップします。
  3. 完了したら、 [Done(終了)]をクリックします。

ユーザーが次回にサインインするとき、セキュリティ キーを使用してサインインする手順を示すパネルが表示されます。

ポリシーでオプションの要素の使用が許可されている場合には、エンドユーザーは Okta [Settings(設定)]ページの[Extra Verification(追加検証)]の下で異なる要素に変更できます。