古いOkta End-User Dashboardへのアクセスを削除する

このガイドでは、ユーザーが古いバージョンのOkta End-User Dashboardにアクセスできないようにするために必要な手順を説明します。新しいorgの場合はデフォルトで新しいOkta End-User Dashboardが有効になっているため、この手順は既存の新しいエクスペリエンスにユーザーを移行している既存のorgの場合にのみ使用してください。

前提条件

  • 一部のユーザーまたはグループに対してのみ新しいエクスペリエンスを有効にした場合、新しいエクスペリエンスが有効になっていないユーザーまたはグループは、アクセスを無効にしたときに両方のダッシュボードにサインインできなくなります。
  • ユーザーが両方のダッシュボードにアクセスできないようにする場合、前提条件は必要ありません。

注:新旧両方のOkta End-User Dashboardから意図せずにロックアウトされた場合は、<orgname>-admin.okta.comに移動して、orgの管理コンソールにアクセスできます。

古いOkta End-User Dashboardへのアクセスを削除する

注:エンドユーザーが新旧両方のOkta End-User Dashboardにアクセスできないようにする場合を除き、最初に新しいエンドユーザーエクスペリエンスを有効にしてください。

  1. 管理コンソールで[Settings(設定)] > [Customization(カスタマイズ)] > [Other(その他)]に移動します。
  2. [New End-User Experience(新しいエンドユーザーエクスペリエンス)]セクションで、[Disable access to the old end user dashboard and plugin(古いエンドユーザーダッシュボードとプラグインへのアクセスを無効にする)]のチェックボックスを選択します。
  3. 表示されるプロンプトで[Disable Access(アクセスを無効にする)]をクリックします。

関連項目

新しいOkta End-User Dashboard(エンドユーザー向けドキュメント)

Okta End-User Dashboard(エンドユーザー向けドキュメント)

一般的なカスタマイズ設定を構成する