OMM登録の有効化

  1. Admin Console[OMM][OMM Policies(OMMポリシー)]に移動します。
  2. 有効にするOMM登録の種類に応じて、適切なボタンをクリックします。
    • Android for Workのセットアップ

      AfWの設定方法については、「Android for WorkとOkta Mobility Management」を参照してください。Samsung SAFEおよびネイティブAndroidデバイスでは、追加の設定は必要ありません。

    • Apple証明書のセットアップ

    • Apple iOSデバイスやmacOSコンピューターにOkta Mobility Managementを設定するには、まずAppleプッシュ通知サービス(APNS)の証明書を設定する必要があります。このプロセスでは、OktaからCSR(証明書署名リクエスト)をダウンロードし、そのCSRをAppleにアップロードしてデジタル署名をしてもらい、最後に署名済みの証明書をOkta orgにアップロードする必要があります。

      1. [Apple Certificate Setup(Apple証明書セットアップ)]ボタンを調べます。

        • 黄色の感嘆符は、プッシュ通知証明書がまだ設定されていないことを示します。

        • 緑のチェックマークは、有効なプッシュ通知証明書がすでに設定されていることを示します。

        • 赤色の感嘆符は、現在のプッシュ通知証明書が期限切れになっているか、期限切れ間近であることを示しています。

      2. [Apple Certificate Setup(Apple証明書のセットアップ)] ダイアログで次の手順を実行します。

        1. [Download(ダウンロード)]をクリックして、Oktaから証明書署名リクエスト (okta-apns-CSR.dat)を取得します。

        2. Apple Push Notification Service証明書の取得:

          1. 提供されているリンク(https://identity.apple.com/pushcert)を使用して、Appleプッシュ通知証明書管理ポータルに移動します。

            なお、このポータルにログインするには、Apple IDが必要です。

          2. 初めて証明書を設定する場合は、Appleの利用規約に同意するよう促されます。すでに1つ以上の証明書を設定している場合は、ポータルに一覧表示されます。

            ユーザー追加画像

          3. [Create a Certificate(証明書を作成)]をクリックします。
          4. [Choose File(ファイルの選択)]を選択してAppleで署名するために以前ダウンロードしたCSRファイル(okta-apns-CSR.dat)に移動し、[Upload(アップロード)]をクリックします。リクエストのアップロードが完了すると、確認画面が表示されます。

            ユーザー追加画像

          5. 確認画面で[Download(ダウンロード)]をクリックすると、APNS MDMの証明書がダウンロードされます。

            APNS証明書には有効期限がありますのでご注意ください。Appleプッシュ通知証明書ポータルにログインし、[Certificates for Third-Party Servers section(サードパーティ製サーバーの証明書)]セクションで証明書を[Renew(更新)]または[Revoke(失効)]させます。

        3. Appleプッシュ通知証明書のアップロード

        4. [Apple Certificate(Apple証明書)]ダイアログボックスに戻り、[Browse(参照)]を選択して、前の手順でダウンロードしたAPNSを探し、[Upload(アップロード)]をクリックしてCSR署名プロセスを完了します。

      3. ユーザーに、Apple App Storeからダウンロードしてインストールするよう通知します。その際にはOkta Mobileを検索し、ダウンロードとインストールのプロセスを進めてください。