Okta Privileged Access向けにMobaXtermを構成する

Windowsユーザーは、X11、タブ付きSSHクライアント、ネットワークツールをサポートするWindows対応ターミナルを提供するMobaXtermをインストールすることができます。Okta Privileged Accessと正常に連携させるには、MobaXtermと連携するようにProxyCommandを構成する必要があります。

はじめに

  • MobaXtermをダウンロードしてインストールします。
  • Okta Privileged Accessクライアントをローカルデバイスにインストールします。「Advanced Server Accessクライアントをインストールする」をご覧ください。

手順を開始する

  1. MobaXtermでローカルターミナルを開始します。デフォルトでは、ホームディレクトリ(/home/mobaxterm)が開きます。
  2. 次のコマンドを実行して.sshディレクトリを作成します:

    mkdir .ssh

  3. 次のコマンドを実行してSSH構成ファイルを編集します:

    cat <<ADDTEXT >> .ssh/config.

    注: ADDTEXTは、構成ファイルへの入力を停止するタイミングを決定するために使われる区切り文字です。
  4. ターミナルに次のコマンドを入力します:# Configures ProxyCommand for use with Okta Privileged Access Match exec "/cygdrive/c/Users/Admin/AppData/Local/Apps/ScaleFT/bin/sft.exe resolve -q %h" ProxyCommand "/cygdrive/c/Users/Admin/AppData/Local/Apps/ScaleFT/bin/sft.exe" proxycommand %h UserKnownHostsFile /cygdrive/c/Users/Admin/AppData/Local/ScaleFT/proxycommand_known_hosts ADDTEXT

    注:使用するデバイスでのインストールパスに合わせてファイルパスの修正が必要になる場合があります。

  5. 構成ファイルを保存します。

関連項目

Okta Privileged Accessで使用するクライアントを構成する