レガシー管理者ダッシュボード

Oktaレガシー管理者ダッシュボードでは、アプリの使用状況と組織のアクティビティーに関する要約を確認したり、問題や完了すべき未処理の作業がある場合に通知を受け取ったりすることが可能です。サイド・バーでは、特によく実行するタスクへのショートカットも利用できます。

注

スーパー管理者は、管理ダッシュボードから[新しいエクスペリエンスをオンにする]をクリックして、管理者エクスペリエンスの再設計を有効にできます。新しい管理コンソールでは、より反応が早いナビゲーションを備えた、強化された最新のユーザー・エクスペリエンス(UX)が提供されます。管理者エクスペリエンスの再設計を参照してください。

Okta管理ダッシュボードの内容

ステータス過去のアクションと完了すべきタスクのリストが表示される、通知の受信ボックスです。ユーザーやアプリケーションの検索も含まれています。
使用状況 組織の使用状況とアプリの統計が表示されます。このセクションを展開すると、最も頻繁に使用されるアプリと最もアクティブなユーザーのリストが表示されます。次の点に注意してください。
  • 管理ダッシュボードでは、Oktaでのユーザーごとの固有のログイン数がカウントされます。
  • アプリ使用状況レポートのサイドバーでは、サードパーティー製アプリケーションでのシートまたはアカウントごとの固有のログイン数がカウントされます。

その結果、サードパーティー製アプリケーションで1人のユーザーが複数のアカウントを持っている場合、サイドバーのアプリ使用状況レポートの固有のカウントが、ダッシュボードのカウントよりも多くなる可能性があります。

最近の管理アクティビティー アプリの構成や割り当て情報などの、システム・ログからの選択イベントが表示されます。システム・ログの全内容を表示するには、[システム・ログ]ショートカットをクリックします。
セキュリティーに関するヒント 組織のセキュリティー体制を改善するためにOktaで推奨されるセキュリティー機能のチェックリストが表示されます。

これらの設定は、[セキュリティー] > [一般]に移動して構成することもできます。

詳細については、「HealthInsight」を参照してください。

ショートカット 頻繁に使用するタスクへのリンクです。
レポート 各レポートへのリンクです。

タスク・ページ

タスク・ページには、ダッシュボード・ページの[ステータス]セクションに一覧表示されているタスクの詳細が表示されます。

多数のプロビジョニング解除タスクがある場合、タスク・ページを読み込もうとするとタイムアウトが発生することがあります。これらのタスクは、定期的に完了としてマークしてください。タスク・ページで[すべてを完了としてマーク]を選択するか、[アプリケーション・アカウントにはプロビジョニング解除が必要です]リンクを選択して、指定したタスクを完了としてマークすることができます。プロビジョニング解除タスクのアラートをこのページに表示しない場合は、タスク・ページで[プロビジョニング解除タスクを作成しない]を選択します。

タスクは、グループ・アプリの割り当ておよび個別のアプリの割り当て中に作成されます。グループ割り当てタスクを個別割り当てに変換できます。ただし、個別割り当てをグループ割り当てに変換することはできないため、この変換は恒久的です。この変換は、グループに対する将来の変更によって上書きされる可能性があるタスクに変更を加える場合に役立ちます。

情報

  • タスクを完了とマークすると、jobappサーバー上のタスクが処理されるため、多数のタスクを処理する場合は、オフピーク時に行うことをお勧めします。
  • アプリケーションを割り当てるために必要な属性がユーザーにない場合、アプリケーションは割り当てられません。この場合、アプリケーションはユーザー・プロファイル・ページのアプリケーションに表示されず、ダッシュボードにタスクが作成されます。アプリケーションのプロビジョニング・エラーが発生してもアプリケーションはユーザーに割り当てられますが、ユーザー・プロファイル・ページのアプリケーション・リストにエラー・タスクまたは警告が表示されます。

通知ページ

エンド・ユーザーに送信するカスタム通知を作成できます。このページから、送信済みのすべてのカスタム通知の表示、メッセージの削除、新しいカスタム通知の作成を行うことができます。

エンド・ユーザー通知の概要

Oktaでは、エンド・ユーザー用に次の2つのタイプの通知が提供されています。

    • [新しいアプリの割り当て]:ユーザーに新しいアプリが割り当てられるたびに自動的に送信されます。これらは1回限りのメッセージです。ユーザーが通知ボックスを閉じると、新しいアプリの割り当てのメッセージは削除されます。
    • [管理者によって送信されるカスタム通知]:管理者がこれらの通知を作成および管理します。

通知を表示する

すべての新規メッセージについて、エンド・ユーザーがホーム・ページを開くとすぐに[通知]ダイアログが自動的に開きます。これにより、エンド・ユーザーは少なくとも1つの新規メッセージがあることをすぐに認識できます。エンド・ユーザーは、そのダイアログを閉じた後に、いつでも再度ダイアログを開いて以前のメッセージを確認できます。

以前に表示された通知を表示するには、エンド・ユーザーは[通知]アイコンをクリックして[通知]を開きます。

エンド・ユーザー通知のアクション

通知を削除する:削除するメッセージの横にある[削除]アイコン(X)を選択します。[メッセージを削除]確認ダイアログが開きます。

新規通知を作成する[新規メッセージを送信]を選択し、開いた新規通知のダイアログに送信するメッセージを入力します。メッセージは150文字を超えることはできません。組織内のすべてのエンド・ユーザーにメッセージを送信し、管理者の通知リストでメッセージを追跡するには、[全員に送信]をクリックします。

スタートアップ

[スタートアップ]ページのタスクにはスーパー管理者権限が必要なため、スーパー管理者のみがこのページを表示できます。新しい管理者は、Oktaで始めるのページを表示して、基本について学び、組織を構築し、Oktaのその他の機能を調べることができます。Oktaで始めるは、Okta統合を設定するために役立つ手段です。重要な設定タスクが完了すると、アイコンが表示されます。詳細については、Oktaで始めるを参照してください。