第三者管理者

第三者管理者は管理者のアクションの一部を実行できますが、次は実行できません。

  • Okta管理者メール通知の受信

  • Oktaサポートへの問い合わせ

  • Oktaヘルプ・センターへのログイン

第三者管理者のシナリオ

一部の組織では、管理機能を実行するものの組織の直接の従業員ではない個人のためにOktaで管理者ロールを設定する必要があります。親組織は管理者機能用のカスタム・ポータルを作成することもできるため、第三者管理者がOktaのインターフェイスを目にすることはありません。

以下のシナリオを検討してください。

  • 組織のサポート・チームがサービスを第三者にアウトソーシングします。この第三者は組織に代わってユーザーのニーズを管理しますが、実はOktaのユーザー・インターフェイスは表示されていません。
  • 組織は、B2B2C(Business to Business to Consumer)モデルを使用しています。「ハブアンドスポーク」は、エンド・カスタマー(外部ユーザー)が管理者として作成され、独自のOkta組織を実行できるよう設定されています。組織はOkta APIで作成されたカスタム・ポータルを提供しているため、これらの外部ユーザーはOktaの管理者であることを認識していません。

これらのシナリオの外部ユーザーにOktaの従来の管理者ロールが付与されると、顧客通知、管理者メール・アラート、ウェルカム・メッセージなどのデフォルトのOkta管理者メールが受信されます。これらのユーザーに第三者管理者権限を付与することで、Okta管理者メール通知の受信やOktaサポートへの問い合わせを防ぐことができます。

関連項目

第三者管理者を構成する

管理者ロールと権限