Oktaでホストされるカスタムのサインイン・ページを構成する

エンド・ユーザーがアプリケーションにサインインしようとすると、Oktaでホストされるサインイン・ページにリダイレクトされます。このサインイン・ページをカスタマイズして、ブランドに合ったシームレスなユーザー・エクスペリエンスを提供できます。[カスタム・サインイン]ページには、サインイン・ウィジェットと、開始に役立つ埋め込みHTMLエディターが含まれています。

このタスクの管理者ロールについて

このタスクを実行できるのはスーパー管理者と組織管理者のみです。管理コンソールで、[設定] > に移動します [カスタマイズ]。または、有効にした場合 EAのブランディング、移動します [カスタマイズ] > [サインイン・ページ・コード・エディター]

タスク

説明

Okta URLドメインをカスタマイズするカスタム・サインイン・ページは、エンド・ユーザーがカスタムURLドメインを介してOktaにサインインする場合にのみ使用できます。
Oktaでホストされるサインイン・ウィジェットのスタイルを設定する任意のHTML、CSS、またはJavaScriptをサインイン・ページに追加でき、アプリケーションごとに、また複数のブランドを使用してサインイン・ページをカスタマイズすることもできます。注:追加のカスタマイズ・オプションはOkta Brands APIで使用できます。 これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。
注

最新バージョンのSafariとFirefoxは、デフォルトでサード・パーティーのCookieをブロックします。Okta以外のドメインでのセッションを維持するためにアプリケーションがokta.comドメインからのCookieに依存している場合、アプリケーションが影響を受ける可能性があります。「FAQ:サード・パーティーのCookieをブロックすることによるOkta環境への影響」を参照してください。

関連項目

カスタム・エラー・ページを構成する

一般的なカスタマイズ設定を構成する