最近使用したアプリケーション

この機能を使うと、ユーザーはOkta End-User Dashboardで、最近使用したアプリを別のセクションに表示するかどうかを選択することができます。これらのアプリは、Okta Browser Plugin[Recently Used(最近使用したアプリ)]タブにも表示されます。「エンドユーザー向けドキュメント」を参考にしてください。

この機能はデフォルトで有効になっていますが、ユーザーのダッシュボードに[Recently Used(最近使用したアプリ)]セクションを表示させないよう無効にすることができます。

デフォルトでは、[Recently Used apps(最近使用したアプリ)]セクションは管理者に対しては無効に、エンドユーザーに対しては有効になっています。

  1. 管理コンソールで、[Customizations(カスタマイズ)] > [Other(その他)]に移動します。

  2. [Recently Used Apps(最近使用したアプリ)]セクションまで下にスクロールして、[Edit (編集)]をクリックします。
  3. この機能を無効にするには、トグルをクリックします。

関連項目

Oktaの新しいエンドユーザーエクスペリエンスを有効にする

Okta End-User Dashboardへのアクセスを制限する