デフォルトの管理者メール通知を設定する

スーパー管理者は、組織内のすべての管理者にデフォルトのメール通知を設定できます。ほとんどの管理者は、利用可能なメール通知の独自のセットを持っています。例外は、レポート管理者、グループ・メンバーシップ管理者、および第三者管理者です。これらの管理者は、グローバルなOkta Communicationsを受信することはできますが、システム通知の対象にはなりません。

これらの設定を構成した後、管理者は、表示する権限を持つグループ、アプリ、またはユーザーのメールのみを受信します。たとえば、アプリ関連のメール通知をサブスクライブしているアプリ管理者は、割り当てられているアプリに関する通知のみを受け取ります。

このタスクの管理者ロールについて

特に明記されていない限り、これらの手順はスーパー管理者のみが実行できます。

デフォルトのメール通知を設定する

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [アカウント]
  2. [管理者メール通知]セクションの[以下の通知設定:]メニューで管理者ロールを検索します。

  3. [編集]をクリックします。

  4. これらの管理者が受信するメール通知を選択します。

  5. [保存]をクリックします。

受信者のメール・アドレスを非表示にする

このタスクは、スーパー管理者と組織管理者が実行できます。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [アカウント]
  2. [編集]をクリックします。

  3. [グローバル通知]セクションで、BCCオプションを選択します。
  4. [保存]をクリックします。

独自のメール通知を設定する

自分自身のアカウントでは、スーパー管理者向けに構成したシステム通知とOkta Communicationsをオプトインまたはオプトアウトできます。スーパー管理者のデフォルトを保存した後、[以下の通知設定:]メニューから[自分の設定]を選択し、独自の設定を行います。

第三者管理者通知を構成する

第三者管理者は、管理コンソールを操作せずに管理アクションを実行できます。第三者管理者が利用できるシステム通知はありませんが、Okta Communicationsを受信することはできます。Oktaの公式通信から除外する場合は、[第三者管理者]セクションの[編集]をクリックします。[第三者管理者を管理]チェック・ボックスをオンにし、[保存]をクリックします。

メール通知

メール通知 スーパー管理者 組織管理者 読み取り専用管理者 モバイル管理者 グループ管理者 アプリ管理者 ヘルプ・デスク管理者 APIアクセス管理の管理者

レポート管理者

グループ・メンバーシップ管理者

システム通知
ユーザーのロックアウト はい^ はい^ いいえ いいえ はい*^ いいえ はい いいえ

いいえ

いいえ

ユーザーのプロビジョニング解除 はい^ いいえ いいえ

はい^

(Google AppsおよびAndroid for Workのみ)

いいえ はい^ いいえ

はい

(OIDCアプリのみ)

いいえ

いいえ

アプリ・ユーザーのインポート・ステータス はい^ はい^ いいえ いいえ いいえ はい^ いいえ いいえ

いいえ

いいえ

オンプレミス・プロビジョニングおよびOkta On-Prem MFAエージェントの切断と再接続 はい はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ

いいえ

いいえ

IWAエージェントの切断と再接続 はい はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ

いいえ

いいえ

ADエージェントの切断と再接続 はい はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ

いいえ

いいえ

LDAPエージェントの切断と再接続 はい はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ

いいえ

いいえ

レート制限の警告と違反 はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ

いいえ

いいえ

無料の組織がアップグレードされ、ライセンスが付与されました。 はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ

いいえ

不審なアクティビティーのユーザー・レポート はい はい                
Okta Communications
Oktaのリリース・ノートとお知らせ はい はい はい はい はい はい はい はい

いいえ

いいえ

信頼のインシデントと更新

はい**

はい** はい** はい** はい** はい** はい** はい**

いいえ

いいえ

スケジュールされたシステム更新 はい** はい** はい** はい** はい** はい** はい** はい**

いいえ

いいえ

* 通知は、ユーザーのロックを解除する権限を与えられた管理者にのみ送信されます。

** デフォルトではオフです。

^ 2018年9月5日以降に作成された組織の場合はデフォルトでオフです。

  • 個々の管理者は、独自のメール通知設定を行うことができます。メール通知を構成するを参照してください。

  • 管理者タイプのメール通知を編集すると、個々の管理者が設定したカスタム通知設定が、タイプのデフォルトに戻されます(これは編集した管理者タイプに関係なく行われます)。
  • レート制限の警告と違反:すべての管理者は、管理コンソールで通知バナーを受け取り、組織全体のレート制限の使用量に関するメールを受信します。通知には、警告と違反のフラグが立てられます。レート制限の詳細については 「レート制限の概要」を、レート制限通知を有効にする手順についてはレート制限通知を設定する を参照してください。

関連項目

連絡先を設定する

クライアント・ベースのレート制限を構成する

レート制限通知を設定する

アクセスをOktaサポートに付与する