カスタムメールテンプレート

Okta Identity Engineのメールテンプレートは、式言語からVelocityテンプレート言語に切り替わります。これにより、メールテンプレートのセットが1つになりました。管理者がOkta Identity EngineテンプレートとOkta Classic Engineテンプレートのどちらかを選択する必要はありません。

現在、ワンタイムパスワード(OTP)コードを許可する拡張機能は、次のテンプレートに残っています。

  • Active Directoryパスワードリセット
  • Active Directoryパスワードのロック解除
  • LDAPパスワードを忘れた場合
  • オーセンティケーターをリセット
  • オーセンティケーターをロック解除

カスタムメールテンプレートをOkta Classic EngineからOkta Identity Engineにアップグレードするために、管理者が手動のタスクを実行する必要はありません。アップグレード中に、コードにVelocity構文が適用されてから、テンプレートがマージされます。管理者は、カスタマイズが適切であることを一度だけ検証する必要があります。

Okta Admin Consoleにおけるアップグレード後の唯一の違いは、選択プロセスが合理化されていることです。すべてのテンプレートでVelocityテンプレート言語のみが使用されるようになりました。

関連項目

メールテンプレートをカスタマイズする