Okta Identity Engineのアップグレードの概要

Okta Identity Engineでは、企業が複雑なIDのユースケースを解決するのに役立つ新しい機能を提供します。Okta Classic Engineからのアップグレードに関心がある場合は、Oktaアカウントチームにご相談ください。アップグレードプロセスには、Oktaのサポートが必要です。

orgがアップグレードの対象である場合は、これらのチェックリストを参照して、アップグレードが成功していることを確認してください。次に、Okta Identity Engineの新機能の探索を開始しましょう。

期待できること

Okta Identity Engineのアップグレードは、Oktaによって管理されるいくつかのステップで構成されています。

  • Oktaではサポートドキュメントを用意しています。

  • ほとんどの場合、最初にorgのプレビュー環境をアップグレードし、ユーザーと一緒に変更をテストできます。

  • アップグレードに備えてorgの準備を整えるために、細かな変更を加えることができます。これは通常、Okta Classic Engineで廃止されている機能またはサポートされていない機能をオフにすることを意味します。

  • アップグレード後に、Okta Identity Engineのorgをテストする方法に関するベストプラクティスのリストをOktaが提供します。

  • 既存の機能と製品は、アップグレードプロセス中に引き継がれます。

リソース 説明
アップグレード前のチェックリスト orgをOkta Identity Engineにアップグレードする前に、セットアップまたは変更する必要がある構成があります。
アップグレード後のチェックリスト

orgのアップグレード後、これらの機能を検証して、orgが想定どおりに機能することを確認します。

機能の変更 Okta Identity Engineの使用を開始する準備ができたら、orgの新しい機能を設定します。

これらのリソースを使用して、アップグレードを開始し、アップグレードの詳細を確認してください。

リソース 説明
Okta Identity Engine Okta Identity Engineの概要(利点、機能などを含む)。

開発者用ドキュメント

開発者向けOkta Identity Engineドキュメント

Okta Identity Engineのアップグレードに関するよくある質問

Okta Identity Engineのアップグレードに関するよくある質問と回答。