macOS向けOkta Verifyのインストール・オプション

次のいずれかの方法を使用して、Okta VerifyをmacOSデバイスにデプロイできます。

Okta VerifyをApp Storeからデバイスに直接プッシュする

App Storeからアプリを取得して対象のエンド・ユーザーのデバイスに直接プッシュできるように、デバイス管理ツールを構成します。このデプロイ方法は、デバイス管理ツールの自動更新機能をサポートしています。

注

Okta VerifyでJamf Proの自動更新機能を使用するには、Jamfからの支援が必要です。Jamf(success@jamf.com)にメールを送信し、その際にPI-009232を参照番号として伝えます。

Okta VerifyをOktaからダウンロードした後、デバイスにプッシュする

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [ダウンロード]
  2. Okta Verify for macOSで、[最新をダウンロード]をクリックします。
    最新バージョンのOkta Verify for macOSを含むPKGファイルがダウンロードされます。
  3. 対象のエンド・ユーザー・デバイスにアプリをプッシュできるようにデバイス管理ツールを構成します。
    このデプロイ方法は自動更新をサポートしていません。アプリの新しいバージョンをプッシュするには、Okta管理コンソールから手動でOkta Verifyをダウンロードした後、アプリをデバイスにプッシュできるようにデバイス管理ツールを構成します。

関連項目