ユーザー・エクスペリエンス

管理者として組織を管理する方法から、Oktaが管理するリソースをユーザーが操作する方法まで、ユーザー・エクスペリエンスのあらゆる側面を構成します。

ブランディング
組織のテーマを設定し、Oktaのページとコミュニケーションに適用します。

カスタマイズ
表示言語やJITプロビジョニングなどのユーザー・アカウント管理設定を編集し、カスタムのサインイン、サインアウト、およびエラーのページを設定します。

メールとSMS
アカウントの保守と多要素認証の検証のためにOktaがユーザーに送信する通知をカスタマイズします。

アカウント設定
組織のアカウント設定の管理、テクニカル・サポートの連絡先の指定、クライアントベースのレート制限の構成を行います。

セルフサービスおよびベータ機能
Oktaサポートをバイパスし、組織のセルフサービス早期アクセス機能をオンにします。

登録
新規ユーザー向けの自己登録およびプログレッシブ・プロファイリング・ポリシーを作成します。

End-User Dashboard
新しいダッシュボードのレイアウトを設計し、そのアクセスを管理するポリシーを設定します。

Okta Browser Plugin
SAMLをサポートしていないアプリにユーザーが自動的にサインインできるように、Okta Browser Pluginを構成します。