Identity Engine向けOkta Verifyリリース・ノート

Android用Okta VerifyをダウンロードするGoogle PlayまたはOkta管理コンソールから、初回リリースの2週間後([設定] > [ダウンロード])。

「Google Play Store以外のOkta Androidアプリを配布する」を参照してください。

バージョン:6.8.1

デプロイ日:2021年9月13日

リリースの概要

  • サインイン・セキュリティー方法の[Okta FastPassを使用してサインインする]と一致するように、[アカウントの詳細]ページで、[このデバイス]サインイン・オプションの名前がOkta FastPassに変更されました。

    Okta FastPass sign-in option on the Account details page in Okta Verify

  • Okta Verifyの翻訳版では、プッシュ通知の[承認]ボタンと[拒否]ボタンの中にテキストが収まりませんでした。(OKTA-350373)
  • そのほかの内部修正。

バージョン:6.7.0

デプロイ日:2021年8月2日

リリースの概要

  • ユーザーは、Okta VerifyからOkta End-User Dashboardを起動できます。[ダッシュボードの起動]ボタンにより、ユーザーは、モバイル・ブラウザーから簡単にアプリにアクセスできます。詳細については、「Okta VerifyからOkta End-User Dashboardを開く」を参照してください。
  • そのほかの内部修正。

バージョン:6.6.2

デプロイ日:2021年7月12日

リリースの概要

  • 会社の古いロゴは更新されましたが、引き続きOkta Verifyに表示されました。(OKTA-387836)
  • 内部修正。

バージョン:6.5.1

デプロイ日:2021年6月14日

機能と拡張機能

ユーザーがAndroidデバイスからOkta Verifyヘルプにアクセスすると、そのオペレーティング・システム用のドキュメントにリダイレクトされます。

バグの修正

  • Okta Verifyユーザーに生体認証の入力を求める際に、現在の生体認証設定がアカウントの保護に十分なほど強力ではないことが伝えられていませんでした。(OKTA-396404)
  • 内部修正。

バージョン:6.4.0

デプロイ日:2021年5月17日

リリースの概要

  • このバージョンには、さまざまな内部の改善と修正が含まれています。

バージョン:6.3.2

デプロイ日:2021年5月3日

リリースの概要

  • このバージョンには、さまざまな内部の改善と修正が含まれています。

バージョン:6.2.2

デプロイ日:2021年3月18日

機能と拡張機能

  • このバージョンでは、Okta Verifyの翻訳が更新されています。
  • Okta Verify > [設定] > [Okta Verifyについて]で、ユーザーはアプリが管理されているかどうかを確認できます。この情報は、管理者がデバイス管理の問題をトラブルシューティングするのに役立ちます。

バグの修正

  • Identity Engineにアップグレードした後、Classic Engine組織に複数のOkta Verifyアカウントを持っていたユーザーは、それらのアカウントの少なくとも1つが消えることを確認しました。(OKTA-353879)
  • さまざまな内部修正。

バージョン:6.1.1

デプロイ日:2021年1月4日

リリースの概要

  • 右から左のレイアウト方向を使用するAndroidデバイスでは、Okta Verifyに表示される6桁の仮コードが分かりにくくなっていました。(OKTA-352082)
  • そのほかの内部の改善。

iOS用Okta Verifyをダウンロードする: Apple App Store

バージョン:6.8.1

デプロイ日:2021年9月16日

リリースの概要

  • サインイン・セキュリティー方法の[Okta FastPassを使用してサインインする]と一致するように、[アカウントの詳細]ページで、[このデバイス]サインイン・オプションの名前がOkta FastPassに変更されました。

    Okta FastPass sign-in option on the Account Details page

  • Okta Verifyの[アカウントの詳細]ページで、管理者が有効にしたサインイン・オプションのみが表示されるようになりました。たとえば、管理者がOkta Verifyのプッシュ通知 を無効にした場合、 このサインイン・オプションはモバイル・アプリの[アカウントの詳細]ページに表示されません。
  • Okta Verify for Apple Watchがローカライズされました。
  • ユーザーがApple Watchで番号チャレンジを使用してOkta Verifyプッシュ通知に応答したとき、エラーが発生しました。(OKTA-418641)
  • そのほかの内部修正。

バージョン:6.7.1

デプロイ日:2021年8月18日

リリースの概要


バージョン:6.5.1

デプロイ日:2021年7月14日

リリースの概要

  • ユーザーは、[設定]メニューからOkta Verifyの表示テーマ(明るい、暗い、またはシステムのデフォルト)を選択できるようになりました。
  • そのほかの内部修正。

バージョン:6.4.0

デプロイ日:2021年5月17日

リリースの概要

  • 生体認証を必要としないように管理者がOkta Verifyを構成したにもかかわらず、Okta Verifyプッシュ通知でサインインしていた一部のユーザーはFace IDの入力を求められました。(OKTA-387895)
  • Okta Verifyの生体認証設定が無効になった場合、エンド・ユーザーに修復手順が案内されるようになりました。(OKTA-373285、OKTA-373298)
  • 既存のOkta Verifyユーザーは、生体認証を有効化またはリセットするとき、または[このデバイスでOkta Verifyを使用してサインインする]オプションのためのアカウントを設定するときに、ユーザー名を入力する必要がなくなりました。(OKTA-376589)
  • そのほかの内部修正。

バージョン:6.3.0

デプロイ日:2021年3月22日

リリースの概要

  • Okta Verifyの英語以外のバージョンでは、アカウントの設定ウィザードの[キーを入力]ページで一部のコンテンツがローカライズされていませんでした。(OKTA-364753)

バージョン:6.2.0

デプロイ日:2021年2月8日

リリースの概要

  • Okta Verifyの英語以外のバージョンでは、アカウントの設定ウィザードの[キーを入力]ページで、[アカウントの追加]ボタンのラベルがローカライズされていませんでした。(OKTA-355619)
  • Okta Verifyアカウントの設定ウィザードの[キーを入力]ページで、ユーザーが入力したパスコードが有効ではなかった場合、ユーザーに通知されませんでした。(OKTA-351780)
  • エンド・ユーザーに対するサインイン通知のヒントが、Okta Verify設定ページにありませんでした。(OKTA-346177)
  • そのほかの内部の改善。

バージョン:6.1.3

デプロイ日:2021年1月6日

リリースの概要

  • Okta Verifyは、watchOS 6よりも前のバージョンのApple Watchではサポートされていません(OKTA-352262)
  • Okta Verifyの翻訳が更新されました。(OKTA-355449)
  • そのほかの内部の改善。

macOS用Okta Verifyをダウンロードする: Apple App Store

バージョン:2.5.3

デプロイ日:2021年9月21日

機能と拡張機能(管理者が機能を利用できる場合、エンド・ユーザーに表示されます)

バグの修正

  • アカウントの削除を確認するため、エンド・ユーザーがTouch IDの入力を求められた後に[キャンセル]をクリックすると、Okta Verifyはユーザーに代替認証要素の入力を求めずに要求をキャンセルしました。(OKTA-389429)
  • 一部のユーザーは、認証に必要ない場合でも、Touch IDを提供するためにラップトップのふたを開くように求められました。(OKTA-420956)
  • さまざまな内部の改善と修正。(OKTA-423258OKTA-425026、およびOKTA-423634)

バージョン:2.4.2

デプロイ日:2021年8月23日

機能と拡張機能

  • Okta Identity Engine組織で、macOSのOkta Verify画面にタイトル・バーが含まれるようになりました。
  • Okta Identity Engine組織では、管理者が組織のURLを含む管理対象アプリの構成をデプロイして[最初にサインインURLを入力してください]画面にサインインURLを事前入力できるため、エンド・ユーザーはサインインURLを入力する必要がありません。macOS管理対象アプリケーションの構成 を参照してください。

    The screenshot shows the "First, enter your sign-in URL" screen.

バグの修正

  • Okta Identity Engine組織では、認証によってデバイス登録がトリガーされると、アカウントにOktaのURLが表示されていました。(OKTA-402110)
  • Oktaで保護されたアプリにアクセスしてOkta Verifyにアカウントを追加したエンド・ユーザーの登録が失敗しました。(OKTA-422167)

バージョン:2.3.0

デプロイ日:2021年7月12日

機能と拡張機能

  • このバージョンには、さまざまな内部の改善と修正が含まれています。

バグの修正

  • アカウント情報には名のみが表示されていました。(OKTA-401390)

バージョン:2.2.2

デプロイ日:2021年6月18日

機能と拡張機能

  • Okta Verifyがユニバーサル・ビルドになりました。
  • ユーザー・インターフェースの変更:
    • メニューに[設定]が含まれ、ユーザーがOkta Verifyアプリのシステム表示テーマを設定できるようになりました。システム・トレイのOkta Verifyメニューの色が、選択されたシステム・テーマに合わせて変更されるようになりました。

      The screenshot shows the Okta Verify settings that are available on macOS devices.

    • Okta Verifyのアカウント・ページが変更されました。ユーザーはアカウントをクリックしてアカウントの詳細を表示し、[Touch IDを有効化]または[Touch IDを無効化]および[アカウントを削除]ボタンにアクセスできるようになりました。これらのオプションは、以前はアカウントのサイド・メニューで使用できました。

      The screenshot shows the Okta Verify accounts for macOS devices. The screenshot shows the Okta Verify account details for macOS devices.

バグの修正

  • 既存のアカウントがOkta Verifyのアカウント・ウィンドウに表示されませんでした。(OKTA-405489)

バージョン:1.9.0

デプロイ日:2021年5月3日

機能と拡張機能

  • macOS Okta Verifyをエンドポイント検出および応答(EDR)ソリューションのCrowdStrike ZTAと統合できるようになりました。ユーザーが保護されたリソースへのアクセスを試みると、Okta Verifyがそのデバイスのコンテキストおよび信頼シグナルを調べ、その情報を使用してアクセスの可否を通知します。EDRと統合することで、同じデバイスで実行されているCrowdStrike ZTAによって収集されるシグナルをOkta Verifyがキャプチャできるようになるため、デバイス状態の評価が拡充されます。 EDR統合を参照してください。
  • Touch IDが有効になっていると、ラップトップがクローズド表示モードで、エンド・ユーザーがTouch IDの完了が必要なOkta Verifyオプション(たとえば、[Touch IDを無効化]または[アカウントを削除]など)をクリックした場合に、「ラップトップのふたを開いてTouch IDを使用してください」というメッセージが表示されるようになりました。

  • MDMソリューションからデバイスに管理対象アプリケーションの構成をプッシュすることで、認証にOkta Verifyを必要とする保護されたリソースに未登録のエンド・ユーザーがアクセスしようとしたときに、[Okta Verifyへようこそ]という登録画面が自動的に表示されます。これにより、このようなユーザーが[Okta Verifyでサインインする]をクリックして登録プロセスを開始する必要がなくなります。macOS管理対象アプリケーションの構成 を参照してください。

  • このリリースには、アカウント・リストとアカウント詳細表示の改善が含まれます。エンド・ユーザーは新しいオプションを使用して、Touch IDを有効または無効にしたり、アカウントを削除したりできます。


バージョン:1.8.3

デプロイ日:2021年3月24日

リリースの概要

  • 外部モニターとキーボードが接続された閉じた状態のラップトップからOkta Verifyでアカウントを追加する場合、またはサインインする場合、Touch IDがすでに設定されているにもかかわらず、デバイスでTouch IDを設定するようにユーザーが求められました。 (OKTA-365814)

バージョン:1.7.2

デプロイ日:2021年2月8日

リリースの概要

  • アプリのロゴやほかのユーザー・インターフェース要素で、新しいOktaブランドの色が使用されるようになりました。
  • Okta Verifyの[問題の報告]機能を使用したログのアップロードが失敗した場合、[再試行]ボタンが表示されるようになりました。
  • Okta Verifyでダーク・インターフェース・スタイルがサポートされるようになりました。アプリの外観はオペレーティング・システムの設定に基づいて、ライト・モードからダーク・モードに自動的に変わります。

バージョン:1.6.0

デプロイ日:2020年12月17日

リリースの概要

  • Okta Verifyはデータを保護できる軽量アプリで、2段階検証によってユーザー本人のみがアプリのアカウントに安全にアクセスできるようにします。アプリにアクセスする際に、Okta Verifyが提供する2段階認証方法を選択してサインインを完了します。

Windows用Okta Verifyをダウンロードする:Okta管理コンソールから([設定] > [ダウンロード]

バージョン:2.6.0

デプロイ日:2021年9月22日

機能と拡張機能

  • 管理者は、Okta Verifyのアップグレード中に、Windowsインストーラーを使用して渡されるフラグ値の変更(OrgUrlなど)をデプロイできるようになりました。これらの変更をデプロイするためにOkta Verifyをアンインストールしてから再インストールする必要がなくなりました。

  • Windows向けOkta Verifyのインストール・オプションを参照してください。

  • エンドポイント検出および応答(EDR)プラグインに、基盤となるサービスが(アップグレードではなく)新規インストールで実行されているかどうかを検出するavailabilityChecks関数が含まれるようになりました。たとえば、WSCSVCサービスが実行されていない場合、この関数はサーバーが統合を利用できないことを報告します。

  • Windows向けEDR統合プラグインを管理するを参照してください。

  • [設定]画面にOktaのベータ・プログラムに参加するオプションが追加され、ユーザーは最新バージョンのOkta Verifyに早期にアクセスできるようになりました。
  • The image shows the Settings screen for Windows.

    「WindowsデバイスでOkta Verifyのアカウントと設定を管理する」を参照してください。


バージョン:2.5.0

デプロイ日:2021年8月13日

機能と拡張機能(管理者が機能を利用できる場合、エンド・ユーザーに表示されます)

  • 管理者がユーザー検証を次のオプションのいずれかに設定すると、[アカウント]画面のアカウントの横にインジケーターが表示されます。
    • 必須:Windows Helloが無効になっている場合。
    • 必須または推奨:Windows Helloの設定が変更された場合。
  • 無効化されたアカウントをクリックすると、[アカウントの詳細]画面にもメッセージが表示されます。

    The image shows an account screen with indicators for Windows.The image shows the Your organization requires Touch ID message on the Account details screen for Windows.The image shows the Your device's Touch ID settings were changed message on the Account details screen for Windows.

    Okta FastPassを有効にするを参照してください。

  • 管理者がユーザー検証を必須に設定した場合:
    • ユーザーは登録時にWindows Helloを設定する必要があります。
    • ユーザーは、登録済みのアカウントでWindows Helloを無効にすることはできません。
  • The image shows the Set up Windows Hello on this device? screen for Windows.The image shows the Update your Windows Hello settings in Okta Verify screen for Windows.The image shows the Your organization requires Windows Hello to remain enabled message on the Account details screen for Windows.

    Okta FastPassを有効にするを参照してください。


バージョン:2.4.0

デプロイ日:2021年7月20日

機能と拡張機能

  • このバージョンには、さまざまな内部の改善と修正が含まれています。

バグの修正

  • アプリが起動時にシステム・トレイに残り、フォアグラウンドに表示されませんでした。(OKTA-402202)
  • [Okta Verifyを使用してサインインする]をクリックしてFastPassで認証した場合、一部のアプリケーションで断続的に失敗するケースがありました。(OKTA-410331)

バージョン:2.3.0

デプロイ日:2021年6月23日

機能と拡張機能

  • このバージョンには、さまざまな内部の改善と修正が含まれています。

バグの修正

  • 認証によってデバイス登録がトリガーされると、アカウントにOktaのURLが表示されていました。(OKTA-360802)

バージョン:2.2.0

デプロイ日:2021年5月27日

リリースの概要

  • このバージョンには、さまざまな内部の改善と修正が含まれています。

バージョン:2.1.0

デプロイ日:2021年4月22日

機能と拡張機能

  • MDM DeviceLockポリシーをOkta Verifyに登録されたデバイスにプッシュすると、Okta Verify認証が失敗する場合があります。この問題を防ぐために、このようなMDMポリシーによってOkta Verifyの登録キーにアクセスできなくなるとOktaサーバーが検出するようになりました。ユーザーが[このデバイスでOkta Verifyを使用してサインインする]をクリックすると、Okta Verifyが自動的に再起動し、アクセスが復旧します。
  • Windows Okta Verifyインストーラー・フラグの更新:インストーラー・フラグJitenrollTypeEnrollmentOptionsに変更されました。また、このインストーラーのデフォルト設定がSilentEnrollmentDisabledに変更されました。インストーラー・フラグSendToAppCenterReportDiagnosticsに変更されました。
  • ユーザー・インターフェースの変更
    • [設定]メニューに、システム・テーマをOkta Verifyアプリに適用するオプションが追加されました。システム・トレイのOkta Verifyメニューの色が、選択したシステム・テーマに合わせて変更されるようになりました。

      The screenshot shows the Okta Verify settings that are available on Windows devices.

    • Okta Verifyのアカウント・ページが変更されました。ユーザーはアカウントをクリックしてアカウントの詳細を表示し、[Windows Helloを無効にする]および[アカウントを削除]ボタンにアクセスできるようになりました。これらのオプションは、以前はアカウントのサイド・メニューで使用できました。

      The screenshot shows the Okta Verify accounts for Windows devices. The screenshot shows the Okta Verify account details for Windows devices.

バグの修正

  • ユニコード文字を含むユーザー・プロファイル名を持つデバイスで、Okta Verifyがバックグラウンドで起動および継続して実行されるのではなく、インストール直後にクラッシュしました。(OKTA-379096)

バージョン:2.0.1

デプロイ日:2021年3月24日

機能と拡張機能

  • Windows Okta Verifyを一部のエンドポイント検出および応答(EDR)ソリューションと統合できるようになりました。ユーザーが保護されたリソースへのアクセスを試みると、Okta Verifyがそのデバイスのコンテキストおよび信頼シグナルを調べ、その情報を使用してアクセスの可否を通知します。EDRと統合することで、同じデバイスで実行されているEDRクライアントによって収集されるシグナルをOkta Verifyがキャプチャできるようになるため、デバイス状態の評価が拡充されます。Oktaは現在、CrowdStrike ZTAおよびMicrosoft Windows Security Centerとの統合をサポートしています。EDR統合を参照してください。
  • コマンド・ラインまたは管理ツールを使用してOkta Verifyをインストールする際に、管理者がエンド・ユーザーにOkta Verifyへの登録を要求するタイミングを構成できるようになりました。 を参照してください。
  • エンド・ユーザーのOkta Verify設定に次の新しいオプションが追加されました。
    • ライト・モードまたはダーク・モードを選択する。
    • Oktaと診断データを共有する。これは、Oktaが問題をトラブルシューティングし、アプリを改善するのに役立ちます。

      Okta Verify for Windows settings

バグの修正

  • [このデバイスでOkta Verifyを使用してサインインする]を選択した後に読み込みページでユーザーがスタックするため、[はい、私です]または[いいえ、私ではありません]を選択することができませんでした。(OKTA-360921)
  • アクティブなアカウントを持つOkta Verifyユーザーのユーザー名を管理者が変更した場合、そのユーザーが生体認証を有効化することができませんでした。(OKTA-362137)
  • 誤ったサインインURLを入力したユーザーに対して、「サインインURLを確認してください」ではなく、「エラーが発生しました」という漠然としたメッセージが表示されていました。 (OKTA-377251)

バージョン:1.5.1

デプロイ日:2021年2月24日

機能と拡張機能

  • ユーザーがOkta Verifyでアカウントを追加するか生体認証を有効化し、認証のためにブラウザーにリダイレクトされた場合、新しい[戻る]ボタンをクリックすることで簡単にアプリに戻ることができるようになりました。
  • アプリのバージョン、利用規約、プライバシー・ポリシー、サード・パーティーの通知などのOkta Verifyの詳細を確認するには、タスクバーで[Okta Verify]>[概要]をクリックします。

バグの修正

  • Okta Verifyでアカウントを追加するときにユーザーが組織のカスタムURLを入力した場合、カスタムURLではなくOkta URLでアカウントが表示されました。(OKTA-352511)

バージョン:1.4.0

デプロイ日:2021年1月19日

リリースの概要

  • 生体認証要素またはセキュリティー・キーを使用してOktaにサインインし、[Okta Verifyをオーセンティケーターとして使用する]を選択すると、一部のエンド・ユーザーにWindows Hello検証のプロンプトが2回表示されました。(OKTA-348629)
  • Okta Verifyに登録する際にOktaへのサインインが成功しても、確認ページが表示されないか、エラーが表示されました。(OKTA-353360)

バージョン:1.3.1

デプロイ日:2020年12月21日

リリースの概要

  • Okta Verifyはデータを保護できる軽量アプリで、2段階検証によってユーザー本人のみがアプリのアカウントに安全にアクセスできるようにします。アプリにアクセスする際に、Okta Verifyが提供する2段階認証方法を選択してサインインを完了します。