機能と制限事項

Okta Access Requestsは、従来のリクエストプロセスに多くの利点をもたらします。

利点 説明
オムニチャネルのサポート チャット、メール、およびWebからのリクエストをトリガーして実行します。

複数のチャネルにわたる安全なアクセスリクエストとアクセス承認の高速化により、コンテキストの切り替えを排除します。

セルフサービスの自動化 リクエストタイプと呼ばれる自動化されたコード不要のワークフローを構築して視覚化します。

セルフサービスによる委任とアクセスを促進し、手動の反復的なタスクの実行に費やす時間を削減します。

サービスをリクエストする責務と所有権を要求者に移します。

リクエストタイプをトリガーするための直感的なインターフェイスを提供し、重要なデータやリソースへのアクセスを高速化します。

マルチステップ承認 重要なリクエストが必要な監視を受け、徹底的にレビューされるようにします。

意思決定を簡素化することで、関係者がコメントを通じて関連するコンテキストを提供するだけでなく、許可または却下を与えられるようにします。

アクセスリクエストワークフロー内で複数の承認をさまざまなチームメンバーに割り当てることで、チーム間のコラボレーションを促進します。

条件付きロジック 動的なリクエストタイプを作成して、リクエストのニーズに基づいてさまざまなアクションをユーザーに案内します。

関係のない情報を非表示にして、リクエストの解決を合理化します。

ワークフローエディターを使用してロジックをセットアップして、ルールの管理や影響を受けるフィールドやタスクの表示を簡単にできるようにします。

タスクの割り当て 割り当てられたタスクと承認を表示、操作するユーザーを手動または自動で指定します。ユーザーが不在の場合、責務を別のユーザーに委任できます。
ビジネス上の正当性 リクエストの承認または拒否の正当性を把握し、最終的に報告します。

制限事項

Access Requestsには、より安定したユーザーエクスペリエンスを提供するために設計されたいくつかの制限事項があります。これらの制限事項の一部は、将来変更される可能性があります。

組織

制限 最大
組織ごとのユーザー数 100,000
組織ごとのアプリケーション数 1,000
組織ごとのグループ数 1,000
組織ごとの構成リスト数 100
リストごとの構成アイテム数 1,000

リクエストタイプ

制限 最大
組織ごとのアクティブなリクエストタイプ 500
リクエストタイプごとのタスク数 100
リクエストタイプごとのフィールド数 100

リクエスト

制限 最大
組織ごとのオープンまたは保留中のリクエスト数 10,000
組織ごとの解決済みのリクエスト数

注:これは、アプリケーション内でアクセス可能なリクエストのみをカウントします。

50,000
リクエストごとのタスク数 100
リクエストごとのフィールド数 100
リクエストごとのフォロワー数 100
リクエストごとの更新数 500
リクエストリストフィルター値 25