Chroniclesでデバイスを構成する

このタスクでは、EPCSワークフローで多要素認証をサポートする新しいデバイスを作成して構成します。

  1. Chroniclesアプリを開きます。
  2. 認証デバイス(E0G)のプライマリファイルにアクセスします。
  3. [Enter Data(データの入力)]>[Create/Edit Device(デバイスの作成/編集)]に移動します。
  4. 以下を入力します。
    • [Device name(デバイス名)]:デバイス名を入力します。
    • [ID]:100000以上のID値を入力します。
    • [General Settings(一般設定)]画面で:
      • [Platform(プラットフォーム)]:1-Desktop(1-デスクトップ)を選択します。
      • [Description(説明)]:(任意)説明を入力します。
      • [ProgID]OktaHyperspaceLoginDevice.OktaMFADeviceと入力します。
    1. 新しい認証デバイスを保存します。
  5. 認証構成レコードが定義されているかどうかを確認します。
    1. [d ^%ZeUSTBL]>[Hyperspace]>[Miscellaneous Security Settings(その他のセキュリティ設定)]に移動します。
    2. 結果を調べます。
  6. 認証構成レコードが存在しない場合:
    1. [d ^e]>[e0a]>[Enter Data(データの入力)]>[Create Configuration(構成の作成)]に移動します。
    2. 以下を入力します。
      • [ID]:一意のIDを入力します。
      • [Name(名前)]:一意の名前を入力します。
      • [Config Type(構成タイプ)]:「Authentication Device Settings(認証デバイスの設定)」と入力します。
    3. 新しい認証構成レコードを保存します。
    4. 手順3で入力した新しく追加された認証デバイスの[Authentication Configuration Record(認証構成レコード)]フィールドに、認証構成レコードの名前を入力します。
  7. 変更を保存してChroniclesを終了します。

次の手順

Hyperdriveを構成する