OktaにEpic Hyperspaceをインストールして構成する

このタスクで管理者は以下を行います。

  • Epic Hyperspaceアプリケーションによって認証されるグループを定義する
  • 認証要素を選択する
  • Epic Hyperspaceアプリケーションをインストールする
  1. Epic Hyperspaceアプリケーションによって認証されるグループを定義します。

    新しく作成されたグループは、構成済みのMFA要素で使用することを目的としています。

    1. Oktaテナントに管理者としてサインインします。
    2. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[Groups(グループ)]に移動します。
    3. [Add Group(グループを追加)]をクリックします。
    4. [Add group(グループを追加)]ダイアログのフィールドに入力して、[Save(保存)]をクリックします。
    5. グループにユーザーを追加します。「ユーザー、グループ、プロファイル」を参照してください。
  2. 認証要素を選択します。
    1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Authenticators(オーセンティケーター)]に移動します。
    2. [Add Authenticator(オーセンティケーターを追加)]ダイアログから、オーセンティケーターを選択します。たとえば、Okta Verifyです。
    3. 特定要素の設定を構成する
    4. Oktaとしては、最低でもOkta Verifyをオーセンティケーターとして追加することを推奨します。

    5. 一部のオーセンティケーターにはより多くの設定が存在し、[Actions(アクション)] > [Edit(編集)]をクリックして構成できます。
  3. Epic Hyperspaceアプリケーションをインストールします。
    1. [Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
    2. 検索ボックスにEpic Hyperspace EPCS (MFA)と入力し、アプリケーションを追加します。
    3. [General(一般)]タブを選択します。
    4. [Client ID(クライアントID)][Client secret(クライアントシークレット)]の値をメモします。必要に応じて、[Edit(編集)]ボタンを使用して[Application label(アプリケーションラベル)]の値を変更します。[Show(表示)]をクリックして[Client secret(クライアントシークレット)]を表示します。

関連項目

多要素認証(MFA)について