Oracle Access Managerプラグインのインストールと構成を行う

このタスクでは、Oracle Access Managerのプラグインをインストールして構成します。

開始する前に

注

プラグインがOracle Access Managerコンソールからアクセス可能な場所にあることを確認します。

  1. Oracle Access Managerコンソールにログインします。
  2. [Authentication Plugins(認証プラグイン)]に進み、[Plug-ins(プラグイン)]タブを選択します。
  3. [Import Plug-in(プラグインのインポート)]をクリックしてパート3でダウンロードしたファイルを選択します。
    注:アップロード後、プラグインの状態は[uploaded(アップロード済み)]になります。
  4. プラグインを含む行を選択し、[Distribute Selected(選択したプラグインを配布)]を押します。注
    :選択した行は青色になります。
    配布後、プラグインの状態が[distributed(配布済み)]に変わります。
  5. [Activate Selected(選択したプラグインのアクティブ化)]ボタンをクリックし、プラグインをアクティブ化します。
    エラーが発生した場合は、「Okta OAMプラグインを手動でアクティブ化する」に記載されている手順に従ってください。

アクティベーションステータスに応じて、プラグインjarは以下の場所にあります。DOMAIN_HOMEは、Windows環境とLinux環境の両方でWebLogic Serverドメインの場所を表すことに注意してください。Windowsでは、DOMAIN_HOMEはC:\Oracle\Middleware\user_projects\domains\<domainname>などに設定されています。

アクティベーションステータス ロケーション
[Uploaded(アップロード済み)]

管理サーバー

  • Linux: ${DOMAIN_HOME}/oam/plugins
  • Windows:%DOMAIN_HOME%\oam\plugins
[Distributed(配布済み)]

OAMサーバー

  • Linux:${DOMAIN_HOME}/config/fmwconfig/oam/plugins
  • Windows:%DOMAIN_HOME%\config\fmwconfig\oam\plugins

プラグインが通信に使用するclientIdclientSecreturlを構成する必要があります。プラグインを構成するには:

  1. [Authentication Plugins(認証プラグイン)]に進み、[Plug-ins(プラグイン)]タブを選択します。
  2. 前のセクションでインストールしたOkta OAMプラグインを含む行を選択します。
  3. [Configuration Parameters(構成パラメーター)]セクションで、clientIDclientSecret、およびurlを構成します。

    注:clientIDclientSecretは、OAMアプリケーションをorgに追加したときに設定したものを使用します。さらに、URLはorgのURLに基づく必要があります例:https://<orgname>.okta.com

  4. [Save(保存)]をクリックします。