モジュール、スキーム、ポリシーを構成する

このタスクでは、OAMリソースを保護するためのモジュール、スキーム、ポリシーを構成します。

  1. Oracle Access Managerコンソールにログインします。
  2. 認証モジュールを作成します。
    1. [認証モジュール] > [作成]をクリックします。
    2. [一般]タブに適切な[名前][説明]を入力し、[作成]をクリックします。
    3. 新しい認証モジュールの場合、[ステップ]タブを選択します。
    4. プラグインを参照する新しいステップを作成し、以下のようにステップの詳細を構成します。
    5. [ステップ・オーケストレーション]タブを選択します。
    6. 図のように、以前に作成したステップを[初期ステップ]として選択します。
      Note[成功]の状態は[成功時]に、[失敗]の状態は[失敗時][エラー時]の両方に構成します。
    7. 完了したら[適用]をクリックします。
  3. 認証スキームを作成します。
    1. [認証スキーム] > [作成]をクリックします。
    2. 次のようにスキームを構成します。
      注:[認証モジュール]フィールドは、前の手順で作成したモジュールに設定する必要があります。
    3. 完了したら [適用]をクリックします。
  4. サービスが有効になっていることを確認します。
    1. [構成] > [使用可能なサービス]に移動します。
    2. [アクセス・マネージャー][アダプティブ認証サービス]が両方とも有効になっていることを確認します。
  5. 新しい認証スキームを参照する認証ポリシーを作成します。
    1. [アプリケーション・ドメイン] > [WebGateTest] > [認証ポリシー] > [保護対象リソース・ポリシー] > [詳細ルール]に移動します。
    2. [詳細ルール][認証後]タブを選択します。
    3. [追加]をクリックし、以下のようにルールを追加します。
      注:すべてのフィールドは図のとおりにする必要がありますが、[認証スキームを以下に切り替え]は作成したスキームの名前に設定する必要があります。
    4. 完了したら[適用]をクリックします。

次の手順

[オプション]OAMサーバーでSSLを有効にする