OktaでMFAオーセンティケーター登録を構成する

  1. 認証を指定します。

    以前に多要素登録を構成している場合、このタスクは無視できます。

    1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Authenticators(オーセンティケーター)]に移動します。
    2. [Add Authenticator(オーセンティケーターを追加)]ダイアログから、オーセンティケーターを選択します。たとえば、Okta Verifyです。
    3. 特定要素の設定を構成する
    4. Oktaとしては、最低でもOkta Verifyをオーセンティケーターとして追加することを推奨します。

    5. 一部のオーセンティケーターにはより多くの設定が存在し、[Actions(アクション)] > [Edit(編集)]をクリックして構成できます。
  2. Oracle Access Manager MFAアプリケーションを追加して構成する
    1. [Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動し、[Add Application(アプリケーションの追加)]をクリックします。
    2. [Oracle Access Manager (OAM) MFA]アプリケーションを検索し、[Add(追加)]をクリックします。
    3. 適切な[Application Label(アプリケーションラベル)]と[Redirect URI(リダイレクトURI)]を入力します。

      注意:[Redirect URI(リダイレクトURL)]は、テストアプリケーションがログインのためにリダイレクトするページに設定する必要があります。

      URI説明
      スタンドアロンOAMサーバーのhost:portの組み合わせ。
      例:http://oam-server.mydomain:14100
      クラスターOAMサーバーの前にあるエンタープライズロードバランサーのhost:port
      例:http://oam-lb.mydomain:7777
    4. [Sign On(サインオン)]タブを選択して[Client ID(クライアントID)][Client Secret(クライアントシークレット)]をメモします。

    5. [Assignments(割り当て)]タブを選択し、必要に応じて[Assign(割り当て)]>[Assign to People(ユーザーに割り当て)]または[Assign(割り当て)]>[Assign to Groups(グループに割り当て)]のいずれかをクリックします。
      注:ユーザーもアプリケーションに割り当てる必要があります。

    6. [Settings(設定)]>[Customization(カスタマイズ)]を選択します。

      [iFrame Embedding(iFrame埋め込み)]までスクロールし、[Edit(編集)]をクリックして[Allow IFrame embedding(IFrame埋め込みを許可)]をオンにします。

    7. 完了したら[Done(完了)]をクリックします。

次の手順

Oracle Access Manager用のMFA」の説明に従ってエージェントをダウンロードする

Oracle Access Managerプラグインのインストールと構成を行う