グループの作成

Office 365グループを作成します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Group Type (グループタイプ) Office 365グループ:Office 365 (統合ともいいます) グループを作成します。

セキュリティーグループ:セキュリティーグループを作成します。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Group (グループ)
Description (説明)オプションです。グループの説明。文字列FALSE
Display Name (表示名)グループの表示名。このプロパティーはグループの作成時に必要で、更新時にクリアすることはできません。文字列TRUE
Mail Nickname (メールニックネーム) 組織内で一意の、グループのメールエイリアス。このプロパティーはグループの作成時に指定する必要があります。
注

このフィールドはスペースを含むことができません。

文字列TRUE
Members (メンバー)このグループのメンバーであるユーザーおよびグループ。このフィールドはユーザーIDまたはグループIDのリストを受け入れます。テキストのリストFALSE
Owners (所有者)グループの所有者。所有者は、このオブジェクトの変更が許可されている非管理者ユーザーのセットです。所有者は10人に制限されます。このフィールドはユーザーIDのリストを受け入れます。テキストのリストFALSE
Preferred Data Location (優先データロケーション) グループの優先されるデータの場所。詳細については、「OneDrive および SharePoint Online の複数地域機能」を参照してください。
注

このプロパティーは、Office 365グループの作成または更新アクションでのみ設定できます。このプロパティーは、セキュリティーグループに対して設定できません。

文字列FALSE
Security Enabled (セキュリティーが有効)グループでセキュリティーが有効になっているかどうかを指定します。Office 365グループのみがこのプロパティーを作成および更新できます。ブーリアンFALSE
Visibility (可視性)Office 365グループの可視性を指定します。「グループの可視性オプション」を参照してください。ドロップダウンFALSE
Public (パブリック)誰でも所有者の許可を必要としないでグループに参加できます。誰でもグループのコンテンツを閲覧できます。文字列FALSE
Private (プライベート)グループに参加するには所有者の許可が必要です。どのメンバーもグループのコンテンツを閲覧できません。文字列FALSE
Hiddenmembership (非表示のメンバーシップ)グループに参加するには所有者の許可が必要です。どのメンバーもグループのコンテンツを閲覧できません。どのメンバーもグループのメンバーを表示できません。管理者 (グローバル、会社、ユーザー、およびヘルプデスク) はグループのメンバーシップを閲覧できます。グループはグローバルアドレスブック (GAL) に表示されます。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Group (グループ)
Classification (分類)グループの分類を説明します (ビジネス影響度が低、中、高など)。このプロパティーの有効な値は、groupSettingTemplate定義に基づき、ClassificationList設定値を作成することで定義されます。groupSettingおよびgroupSettingTemplateリソースタイプを参照してください。文字列
Created Date Time (作成日時) グループが作成されたタイムスタンプ。この値は変更することはできず、グループの作成時に自動的に入力されます。タイムスタンプタイプはISO 8601形式を使用した日付と時刻の情報を表し、常にUTC時間です。

たとえばUTCの2014年1月1日午前零時は2014-01-01T00:00:00Zのようになります。

文字列
Description (説明)オプションです。グループの説明。文字列
Display Name (表示名)グループの表示名。このプロパティーはグループの作成時に必要で、更新時にクリアすることはできません。文字列
Group Types (グループタイプ) コレクションがUnifiedを含む場合、グループはOffice 365グループです。それ以外の場合はセキュリティーグループです。
  • ["Unified"]:Office 365グループ。

  • []:セキュリティーグループ。

テキストのリスト
Id (ID)グループの一意識別子。文字列
Mail (メール) グループのSMTPアドレス。

たとえば、serviceadmins@contoso.onmicrosoft.comなど。

文字列
Mail Enabled (メールが有効)グループでメールが有効になっているかどうかを指定します。ブーリアン
Mail Nickname (メールニックネーム)組織内で一意の、グループのメールエイリアス。文字列
On Premises Last Sync Date Time (オンプレミス最終同期日時) グループが最後にオンプレミスディレクトリーと同期した日時を示します。タイムスタンプタイプはISO 8601形式を使用した日付と時刻の情報を表し、常にUTC時間です。

たとえばUTCの2014年1月1日午前零時は2014-01-01T00:00:00Zのようになります。

文字列
On Premises Provisioning Errors (オンプレミスプロビジョニングエラー)プロビジョニング中にMicrosoft同期製品を使用した際のエラー。オブジェクトのリスト
On Premises Security Identifier (オンプレミスセキュリティー識別子)オンプレミスからクラウドに同期されたグループのオンプレミスセキュリティー識別子 (SID) を含みます。文字列
On Premises Sync Enabled (オンプレミス同期が有効) このグループがオンプレミスディレクトリーから同期される場合はtrue。このグループが元々はオンプレミスディレクトリーから同期されたが現在は同期されていない場合はfalse。このオブジェクトがオンプレミスディレクトリーから同期されたことがない場合はnull (デフォルト)。ブーリアン
Preferred Data Location (優先データロケーション)グループの優先されるデータの場所。詳細については、「OneDrive および SharePoint Online の複数地域機能」を参照してください。文字列
Proxy Addresses (プロキシ―アドレス) 同じグループメールボックスを指し示すグループのメールアドレス。

たとえば、["SMTP: bob@contoso.com", "smtp: bob@sales.contoso.com"]など。複数値プロパティーのフィルター式にはany演算子が必要です。

テキストのリスト
Renewed Date Time (更新日時) グループが最後に更新された時点のタイムスタンプ。これは直接変更できず、サービスの更新アクションを通じてのみ更新されます。タイムスタンプタイプはISO 8601形式を使用した日付と時刻の情報を表し、常にUTC時間です。

たとえばUTCの2014年1月1日午前零時は2014-01-01T00:00:00Zのようになります。

文字列
Resource Behavior Options (リソース動作オプション)グループの関連するリソースの動作を列挙するオプションのリスト。テキストのリスト
Resource Provisioning Options (リソースプロビジョニングオプション)グループのプロビジョニングオプションを列挙するオプションのリスト。テキストのリスト
Security Enabled (セキュリティーが有効)グループでセキュリティーが有効になっているかどうかを指定します。ブーリアン
Security Identifier (セキュリティー識別子)グループのセキュリティー識別子。Windowsシナリオで使用されます。文字列
Visibility (可視性)Office 365グループの可視性を指定します。「グループの可視性オプション」を参照してください。可視性はグループの作成時にのみ設定できます。編集はできません。可視性は統合グループに対してのみサポートされています。セキュリティーグループに対してはサポートされていません。文字列
Public (パブリック)誰でも所有者の許可を必要としないでグループに参加できます。誰でもグループのコンテンツを閲覧できます。文字列
Private (プライベート)グループに参加するには所有者の許可が必要です。どのメンバーもグループのコンテンツを閲覧できません。文字列
Hiddenmembership (非表示のメンバーシップ)グループに参加するには所有者の許可が必要です。どのメンバーもグループのコンテンツを閲覧できません。どのメンバーもグループのメンバーを表示できません。管理者 (グローバル、会社、ユーザー、およびヘルプデスク) はグループのメンバーシップを閲覧できます。グループはグローバルアドレスブック (GAL) に表示されます。文字列

関連項目

Office 365 Adminコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Office 365 Admin Management APIの概要