ユーザーの更新

Office 365ユーザーのプロパティーを更新します。

入力

フィールド定義タイプ必須
User (ユーザー)
Id or Username (IDまたはユーザー名) Office 365ユーザーのユーザーIDまたはユーザー名。これはユーザーのユーザープリンシパル名 (UPN) です。UPNは、ユーザー名とドメインを@区切り文字で組み合わせたものです。

たとえば、john.doe@somedomain.comとなります。これはユーザーのメールアドレスの場合がありますが、あらゆる場合にあてはまるものではありません。

文字列TRUE
Properties (プロパティー)
About Me (ユーザー情報)ユーザーが自分自身について記述するためのフィールド。文字列FALSE
Age Group (年齢グループ)ユーザーの年齢グループ。許容値:nullminornotAdult、およびadult文字列FALSE
Birthday (生年月日) ユーザーの生年月日。これはISO 8601形式に従うタイムスタンプ値で、UTC時間です。

たとえば、UTCの2014年1月1日午前零時は2014-01-01T00:00:00Zと表されます

文字列FALSE
Business Phones (ビジネス用電話) ユーザーの電話番号。
注

これは文字列の集合ですが、このプロパティーに設定できる番号は1つのみです。

テキストのリストFALSE
City (市)ユーザーの所在地の市。文字列FALSE
Company Name (会社名)ユーザーが関連付けられている会社名。このプロパティーは、外部ユーザーの会社を説明する際に便利な場合があります。文字列FALSE
Consent Provided For Minor (未成年者への承諾の提供)未成年者に対する承諾が得られているかどうかを示します。許容値:nullgranteddenied、およびnotRequired文字列FALSE
Country (国) ユーザーの所在地の国または地域。

たとえば、USまたはUKなど。

文字列FALSE
Department (部門)ユーザーが勤務する部署の名前。文字列FALSE
Display Name (表示名)ユーザーに対して住所録に表示される名前。これは通常、ユーザーの名、ミドルネームのイニシャル、および姓を組み合わせたものです。文字列FALSE
Employee Id (従業員ID)組織によってユーザーに割り当てられている従業員識別子。文字列FALSE
Fax Number (Fax番号)ユーザーのFAX番号。文字列FALSE
Given Name (名)ユーザーの名 (ファーストネーム)。文字列FALSE
Hire Date (雇用日) ユーザーの雇用日。これはISO 8601形式に従うタイムスタンプ値で、UTC時間です。

たとえば、UTCの2014年1月1日午前零時は2014-01-01T00:00:00Zと表されます。

文字列FALSE
Interests (関心事)ユーザーの関心事のリスト。テキストのリストFALSE
Is Resource Account (リソースアカウント) ユーザーがリソースアカウントである場合はtrue。それ以外の場合はfalsenull値はfalseとみなされます。ブーリアンFALSE
Job Title (役職名)ユーザーの役職名。文字列FALSE
Mail Nickname (メールニックネーム)ユーザーのメールエイリアス。文字列FALSE
Mobile Phone (携帯電話)ユーザーのプライマリー携帯電話番号。文字列FALSE
My Site (マイサイト)ユーザーの個人サイトのURL。文字列FALSE
Office Location (オフィス所在地)ユーザーの勤務先のオフィス所在地。文字列FALSE
On Premises Immutable Id (オンプレミス不変ID)プロパティーは、オンプレミスActive DirectoryユーザーアカウントをAzure ADユーザーオブジェクトに関連付けるために使用されます。ユーザーのユーザープリンシパル名 (UPN) プロパティーに対してフェデレーションドメインを使用する場合、Graphの新規ユーザーアカウントを作成する際にこのプロパティーを指定する必要があります。文字列FALSE
Other Mails (その他のメール)ユーザーの追加メールアドレスのリスト。テキストのリストFALSE
Password Policies (パスワードポリシー)ユーザーのパスワードポリシーを指定します。この値は列挙で、デフォルトのポリシーよりも弱いパスワードを指定可能とするDisableStrongPasswordを1つの値として含む可能性があります。DisablePasswordExpirationを指定することもできます。これら2つを共に指定することができます。たとえば、DisablePasswordExpiration, DisableStrongPasswordとなります。文字列FALSE
Password (パスワード)ユーザーのパスワードポリシーを指定します。DisableStrongPasswordは、デフォルトのポリシーよりも弱いパスワードの使用を許容します。DisablePasswordExpirationは、ユーザーのパスワードが失効することがないように設定します。「DisablePasswordExpiration, DisableStrongPassword」と入力することで両方を指定できます。文字列FALSE
Force Change Password Next Sign In (次回サインイン時にパスワードの変更を強制) ユーザーが次回ログイン時にパスワードを変更する必要がある場合はtrue。それ以外の場合はfalseブーリアンFALSE
Force Change Password Next Sign In With MFA (MFAによる次回サインイン時にパスワードの変更を強制)trueの場合、次回サインイン時に、ユーザーは多要素認証を実行した後でパスワードを変更する必要があります。ユーザーがパスワードを変更する前に多要素認証を実行する必要がある点を除き、動作はforceChangePasswordNextSignInと同じです。パスワードが変更された後で、このプロパティーは自動的にfalseにリセットされます。このプロパティーが設定されない場合、デフォルト値はfalseです。ブーリアンFALSE
Past Projects (過去のプロジェクト)ユーザーの過去のプロジェクトを列挙するリスト。テキストのリストFALSE
Postal Code (郵便番号)ユーザーの郵便物送付先住所の郵便番号。郵便番号はユーザーの国または地域に固有です。米国の場合、この属性はZIPコードを含みます。文字列FALSE
Preferred Data Location (優先データロケーション)ユーザーの優先されるデータの場所。文字列FALSE
Preferred Language (優先言語) ユーザーの優先言語。これはISO 639-1コードです。

たとえば、en-USなど。

文字列FALSE
Preferred Name (優先名)ユーザーの優先名。文字列FALSE
Responsibilities (責務)ユーザーの責務を列挙するリスト。テキストのリストFALSE
Schools (学校)ユーザーの通学した学校を列挙するリスト。テキストのリストFALSE
Show In Address List (アドレスリストの表示) Outlookグローバルアドレスリストがこのユーザーを含む場合は true。それ以外の場合はfalse。設定されない場合はtrueとして扱われます。招待マネージャーを通じて招待されたユーザーの場合、このプロパティーはfalseに設定されます。ブーリアンFALSE
Skills (スキル)ユーザーのスキルを列挙するリスト。テキストのリストFALSE
State (州)ユーザーの住所の州または都道府県。文字列FALSE
Street Address (番地)ユーザーの勤務先住所の番地。文字列FALSE
Surname (姓)ユーザーの姓 (ファミリーネーム、つまり名字)。文字列FALSE
Usage Location (2 char) (使用場所 (2文字)) ISO 3166によって定義される2文字の国コード。これは国におけるサービスの可用性を検査する法的な要件により、ライセンスが割り当てられるユーザーに必要です。

たとえば、USJP、およびGBなど。

文字列FALSE
User Principal Name (ユーザープリンシパル名)ユーザーのユーザープリンシパル名 (UPN)。これは、RFC 822に基づく、ユーザーのインターネット様式のログイン名です。形式はalias@domainで、ドメインはテナントの検証済みドメインの集合に存在する必要があります。これはユーザーのメールアドレスと同じである場合があります。文字列FALSE
User Type (ユーザータイプ)MemberおよびGuestなど、ディレクトリ内でユーザータイプを分類するために使用できる文字列値。文字列FALSE
On Premises Extension Attributes (オンプレミス拡張属性)ユーザーのextensionAttributes 1-15。個別の拡張属性は選択もフィルタリングもできないことに注意してください。onPremisesSyncEnabledユーザーの場合、このプロパティーのセットは、オンプレミスから供給され、読み取り専用です。クラウド専用ユーザー (onPremisesSyncEnabledがfalse) の場合、これらのプロパティーは作成または更新の際に設定される場合があります。文字列FALSE
Extension Attribute 1 (拡張属性1)最初のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 2 (拡張属性2)2番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 3 (拡張属性3)3番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 4 (拡張属性4)4番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 5 (拡張属性5)5番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 6 (拡張属性6)6番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 7 (拡張属性7)7番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 8 (拡張属性8)8番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 9 (拡張属性9)9番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 10 (拡張属性10)10番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 11 (拡張属性11)11番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 12 (拡張属性12)12番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 13 (拡張属性13)13番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 14 (拡張属性14)14番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE
Extension Attribute 15 (拡張属性15)15番目のカスタマイズ可能な拡張属性。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Output (出力)
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Office 365 Adminコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Office 365 Admin Management APIの概要