実行履歴の確認

フローが実行された後でフローをチェックし、すべてのステージについて、すべての入力および出力フィールドの値を参照できます。これによって、フローが正しく実行されていることを確認し、エラーが発生している可能性のある個所を判定できます。

実行されたフローのデータは30日間参照可能です。

この機能を使用するには、実行されたフローを開き、[Flow History(フロー履歴)]タブをクリックします。 右のペインに表示されるリストのアイテムをクリックすると、特定の実行時にフローを通過したデータを参照できます。

フローは、個人を特定できる情報の処理に使用できるため、フロー履歴の保存は明示的に選択する必要があります。フロー履歴は、次の2つの方法で有効化できます。

  1. [Save (保存)]ダイアログの[Save all data (すべてのデータを保存)]チェックボックスをオンにします。ここには、フローを最初に保存するとき、またはフロー名をクリックしてダイアログを再度開くことによりアクセスできます。

  2. [Flow History(フロー履歴)]ページの右側のペインにある[Enable Save Data(データの保存を有効化)]リンクをクリックします。

フローのフロー履歴の保存を停止するには、[Save(保存)]ダイアログを開いてフロー名をクリックし、[Save all data(すべてのデータを保存)]チェックボックスをオフにします。

フロー履歴のデータを消去するには、フロー履歴の全データの消去を参照してください。