フロー履歴の全データの消去

[Flow History(フロー履歴)]ペインの右上には、[Clear All Data(すべてのデータを消去)]オプションがあります。

[Save Data (データを保存)]を有効化すると、フローが実行されるたびにフローを通過するデータが保存されます。これにより、フローをデバックできるようになり、サービスに接続できなかったことで監視フローが中断された場合に、再試行 (データは失われません) も行えるようになります。 各実行に関するデータは、30日間参照可能です。

[Clear All Data (すべてのデータを消去)]ボタンを押すと、該当のフローについて収集された全ての実行データが削除されます。各実行の成功または失敗および実行の日時を示すフロー実行リストはなおも確認できますが、フローを通過したデータは確認できなくなり、データのない実行については再試行を行えなくなります。

以後の実行についてデータを保存する必要がなくなった場合は、[Clear All Data(すべてのデータを消去)]をクリックします。 データの保存を停止するか、将来の実行に備えてデータの保存を継続するかを選択できます。

データの保存に関する詳細については、 フロー履歴を用いたいデータの保存を参照してください。