カスタムマッピングを使用してユーザー属性をインポートする

デプロイメントが既に存在し、既存のデプロイメントのユーザー構成およびグループ構成の一貫性を維持したい場合は、インフラ管理をアドバンストサーバーアクセスに移行するときに既存のユーザー属性をアドバンストサーバーアクセスに移植することができます。

カスタムマッピングを使用して構成をインポートするには:

  1. Oktaユーザープロファイルのカスタム属性を作成し、サポートされている各ユーザー属性に対し、各々1つのカスタム属性を追加します。属性名は選択できますが、整数に設定する必要のあるUnix UIDおよびUnix GIDを除き、すべての属性のデータ型をstring (文字列)に設定します。
  2. 作成したOktaユーザープロファイル属性に値を入力します。これは、コンマ区切り値 (CSV) リストをインポートする、Okta Integration Network (OIN)の別のアプリケーションの[Provisioning (プロビジョニング)]タブからOktaユーザープロファイルへのアプリケーションベースのマッピングをセットアップするなど、さまざまな方法で実行できます。
  3. Oktaユーザープロファイルからアドバンストサーバーアクセスへのアプリケーションベースのマッピングをセットアップします。アドバンストサーバーアクセスアプリの[Provisioning (プロビジョニング)]タブからこれらの変更を加え、Oktaからアドバンストサーバーアクセスへのマッピングであることを確認します。作成したカスタム属性にマッピングを割り当て、変更を保存します。

Okta Universal Directoryでカスタム属性の設定されているユーザーは、アドバンストサーバーアクセスに割り当てられたときにカスタム属性が自動的にプロビジョニングされるようになります。

関連項目

  • Oktaのユーザープロファイルと属性を操作する