PolicySync:属性ベースのアクセス制御

この機能は、2023年第4四半期までAdvanced Server Accessのすべてのお客様にロールアウトされます。Advanced Server Accessのチーム向けにこの機能を有効にするために、お客様側で何かする必要はありません。

多くの場合、Advanced Server Accessのチームは、製品またはチーム別にグループ化されたプロジェクトにリソースを割り当てます。例えば、経理、マーケティング、エンジニアリングのチームごとに個別のプロジェクトが存在することがあります。Advanced Server Accessのサーバーに対してユーザーアクセスを付与する標準的な方法として、プロジェクト内でサーバーを登録し、ユーザーをグループに割り当て、その上でグループをプロジェクトに追加するといった手順があります。これによりグループのメンバーに、プロジェクトに登録されているサーバーすべてに対するアクセスが付与されます。

ただし、プロジェクト内のサーバーのサブセットへのユーザーアクセスの付与が必要となる場合もあります。サーバーがどのプロジェクトに登録されているかに関係なく、すべてのデータベースサーバーへのアクセスを必要とするデータベース管理者のチームが存在するかもしれません。その場合、データベースサーバーのみを含む個別のプロジェクトを作成すると、チーム別にリソースをグループ分けするモデルは機能しなくなります。Okta PolicySyncは、アドバンストサーバーアクセスの管理者がユーザーグループに属性ベースのアクセス制御を適用できるようにします。これはリソースに対するロールベースのアクセスを付与するときに使用できます。これは、クライアントがKubernetesでオブジェクトを特定するためにラベルセレクターを使用する手順と同様に、ラベルをサーバーに適用し、セレクターをグループに適用することで行われます。

注

PolicySync機能は、ラベルセレクターに基づいてサーバーにアクセス権を付与します。プロジェクトグループの設定(管理者またはユーザーのアクセスオプションと、プロジェクトグループにバインドされているsudo権限)は、ユーザーが実行できるアクションを制御します。特に、ユーザーに割り当てられるsudo権限は、そのユーザーが属するプロジェクトグループに割り当てられているすべてのsudo権限に基づいて決定されます。ベストプラクティスは、sudo割り当てを使ってユーザーが実行できるアクションを制限することです。これにより、ユーザーが割り当てられているプロジェクトグループのみでsudo権限が構成されるようになります。

PolicySyncの概念

PolicySyncで使用される主な概念として、承認済みのメインファイル、ラベル、セレクターの3つが挙げられます。以下のセクションでは、これらの概念について詳しく説明します。

承認済みのメインファイル

Okta PolicySyncは、OpenSSHデーモン(sshd)のAuthorizedPrincipalsFile構成オプションを使用します。AuthorizedPrincipalsFileについて詳しくは、「sshd_config」をご覧ください。

PolicySyncが有効になると、アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントは、ユーザーがアクセスできる各サーバー上の各ユーザーのhomeディレクトリにファイル.asa_authorized_principalsを作成します。このファイルが作成される場所は、アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントのsftd.yaml構成ファイルにあるAuthorizedPrincipalsFileオプションを設定して変更できます。 場所を構成するには、サポートされているユーザーごとのトークンのひとつを使用する必要があります。

  • %h:これはユーザーのhomeディレクトリパスに拡張されます。
  • %u:これはユーザーのユーザー名に拡張されます。
  • %U:これはユーザーのUIDに拡張されます。

例えば、アドバンストサーバーアクセスで認証済みのメインファイルをユーザーのhomeディレクトリに作成するように構成するには、サーバーのsftd.yaml構成ファイルに以下を追加します。

AuthorizedPrincipalsFile: "%h/.asa_authorized_principals"

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントは、sftd.yamlに定義されているAuthorizedPrincipalsFile指令によってサーバーのsshd_configファイルも更新します。

注

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントsftdは、sshd_configを変更しますが、これを手動で、または自動化によって変更しないことを強くお勧めします。sshd_configの内容を変更すると、構成が非対応になったり破損したりする可能性があります。

ラベル

ラベルは個々のサーバーに適用されます。Advanced Server Accessのチームは、サーバーアクセスの分類や並べ替えにラベルを使用します。サーバーに適用できるラベルの最大数は50です。

チームの柔軟性を高めるために、ラベルは、「キー:値」の書式で保存されれます。例えば、サーバーにはenv:prodregion:USという2つのラベルが存在する場合があります。ラベルが複数のソースに由来する可能性があるため、Advanced Server Accessは、ラベルのソースを特定するためのプレフィックスを自動的に追加します。env:prodラベルがAdvanced Server AccessのAPIに由来する場合、apiというプレフィックスが追加されてapi.env:prodと表示されます。これにより、同じラベルが複数のソースから追加された場合(たとえば、APIとAdvanced Server Accessのサーバーエージェント構成ファイルの両方がラベルを指定する場合)の競合を回避できます。

サーバーセレクター

サーバーセレクターは、グループに適用され、グループのメンバーが利用できるサーバーを制御します。プロジェクトにリンクされる各グループで利用できるサーバーセレクターの最大数は10です。サーバーセレクターには以下の特性があります。

  • セレクターがあるグループのユーザーは、そのセレクターのすべての要件を満たすサーバーのみにアクセスできます。
  • 複数のグループに属するユーザーは、それらのグループのセレクターの集合に属するサーバーにアクセスできます。
  • セレクターキーは任意でラベルのソースを指定することができます。
    • ソースが含まれる場合、そのソースに由来するラベルが含まれるサーバーのみが一致します。例えば、セレクターsftd.role=dbを使用した場合、sftd.yaml構成ファイルにラベルrole: dbが含まれるサーバーのみが一致します。
    • ソースが省略されている場合、指定されたラベルが含まれるすべてのサーバーが一致します。例えば、セレクターrole=dbを使用した場合、ラベルaws.role:dbまたはsftd.role:dbが含まれるすべてのサーバーが一致します。
注

ラベルとセレクターの構成については慎重に検討してください。必要に応じて、ユーザーがAdvanced Server Accessゲートウェイを使ってプロジェクト内のサーバーにネットワーク接続できることをネットワークトポロジーに基づいて確認します。

サーバーへの詳細アクセス用にラベルとセレクターを使用する

前提条件

アドバンストサーバーアクセスのプロジェクトでラベルとセレクターを使用するには、以下が真である必要があります。

  • Advanced Server AccessのチームのPolicySync機能フラグが有効化されている必要があります。

  • プロジェクトのサーバーは、Advanced Server Accessのバージョン1.52.1以降のサーバーエージェントを実行している必要があります。

ラベルをサーバーに追加する

チームは、Advanced Server Accessのダッシュボードからラベルを追加できます。また、サーバーエージェントの構成ファイル(sftd.yaml)にラベルを直接追加することもできます。「PolicySyncラベル」をご覧ください。

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードを開きます。
  2. Projects(プロジェクト)]をクリックしてプロジェクトを開きます。
  3. Servers(サーバー)]タブに移動します。
  4. サーバーの横に表示される歯車アイコン(歯車アイコン。)をクリックし、[Edit Labels(ラベルを編集する)]を選択します。
  5. Add or Remove Labels(ラベルを追加または削除する)]フィールドに1つ以上のラベルを入力します。ラベルを入力するたびにキーボードのEnterキーを押します。
    注:ラベルの書式は「キー:値」である必要があります。
  6. Submit(送信)]をクリックしてラベルを保存します。

プロジェクトグループにサーバーセレクターを追加する

チームは、プロジェクトグループレベルでセレクターを割り当てることができます。セレクターを割り当てるには:

  1. アドバンストサーバーアクセスのダッシュボードを開きます。
  2. Projects(プロジェクト)]をクリックしてプロジェクトを開きます。
  3. Groups(グループ)]タブに移動します。
  4. 歯車アイコン(歯車アイコン。)をクリックし、[Edit(編集)]を選択します。
  5. [Server Access(サーバーアクセス)]内の[Specific Servers(特定のサーバー)]を選択します。
  6. Server Selector Tags(サーバーセレクタータグ)]フィールドに1つ以上のラベルを入力します。ラベルを入力するたびにキーボードのEnterキーを押します。
    注:ラベルの書式は「キー:値」である必要があります。
  7. Update Group(グループを更新する)]をクリックしてセレクターを保存します。

関連項目

アドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントを構成する