URLハンドラー

特定の形式に従うURLを作成することで、URL がクリックされたときにアドバンストサーバーアクセスURLハンドラーが呼び出されるようになります。クライアントはURL ハンドラーに渡された情報を受け取り、ターゲットサーバーへの接続を試みます。このようなURLは、ダッシュボード、チケット発行、モニタリングシステムおよびログなど、日常的なインターフェイスによく使用されます。

セットアップ

URL ハンドラーをセットアップするには、以下のテンプレートを使用してください。

scaleft://[<sft-username>@]app.scaleft.com/t/<team>/a/<target>/<access-method>?via=[<username>@]<bastion>

:角かっこ [ ] 内の情報はすべて任意です。

パラメーター値

以下の表はURL ハンドラーのパラメーターと、使用可能な値をリストしたものです。

パラメーターValue(値)
<sft-username>(任意)インスタンスへの接続に使用するアドバンストサーバーアクセスのユーザー名です。
<access-method>

以下のうち1つ:

  • ssh
  • rdp
<target>

アドバンストサーバーアクセスが解決するサーバー名です。サーバー名の解決を参照。

via(任意) このURLハンドラーの項目は、要塞の構成がない場合のみ必要です。URLに要塞の構成を複数含める必要がある場合、複数のviaパラメーターを正しい順番で使用する必要があります。
<username>(任意)アドバンストサーバーアクセスが管理しないhopsの場合、その要塞に対してユーザー名の指定が必要となる可能性があります。

URLハンドラーの例は以下のとおりです。

scaleft://app.scaleft.com/t/okta-demo-only/a/ubuntu-target/ssh

scaleft://app.scaleft.com/t/okta-demo-only/a/ubuntu-target/ssh?via=ubuntu-bastion

URLの処理が正しいか確認する

URLハンドラーが正しく機能しているかどうか検証するには、アドバンストサーバーアクセスのクライアントログをチェックします。クリックとURLの処理の両方が記録されています。

Windowsマシンをご利用の場合、クライアントログはc:\users\<username>\appdata\local\scaleft\logsにあります。

Macをご利用の場合、クライアントログは ~/Library/Logs/ScaleFT/sft/にあります。

関連項目

SSHセットアップ

RDP セットアップ