同じiOSデバイスでOkta Verifyを復元する

お使いのデバイスをリセット、Okta Verifyを削除、またはアプリからアカウントを削除した場合、Okta Verifyのアカウントを復元してアプリで再度認証できることがあります。しかし、アプリを再度インストールするだけでは十分ではない場合もあります。まず、組織のOkta End-User Dashboardの[Settings(設定)]ページから、既存のOkta Verifyの登録を削除する必要がある場合があります。いくつかの制限が適用されます。

このトピックは、デバイスにOkta Verifyアカウントをすでにお持ちのユーザーを対象としています。以前Okta Verifyをセットアップしたことがない新しいユーザーは、「iOSデバイスにOkta Verifyをセットアップする」を参照してください。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

開始する前に

ご使用のデバイスにOkta Verifyを復元するには、SMS(テキスト)、Eメール、(特に)セキュリティキーまたは生体認証など、Okta Verify以外のセキュリティメソッドを使用してOkta End-User Dashboardにアクセスできる必要があります。「Oktaで保護されたリソースにサインインする」を参照してください。

追加のセキュリティメソッドをセットアップしているかどうかわからない場合は、インターネットブラウザーでサインインURLを入力し、ユーザー名とパスワードを入力します。組織の構成に基づいて、いずれかのサインインウィンドウが表示される場合があります。

認証方法を選択するよう求めるプロンプト リソースにサインインするためのOktaセキュリティメソッド

Okta Verify要素の横にある矢印、または[Verify with something else(他の方法で検証する)]をクリックして、他の利用可能なサインイン方法を確認します。

他のセキュリティメソッドがセットアップされておらず、会社のOkta End-User Dashboardにアクセスできない場合は、会社のヘルプデスクにお問い合わせください。一部の組織では、Okta Verifyで一度に1台のデバイスのみをセットアップできるように、ユーザーアクセスを構成しています。

この手順を開始する

タスク1. ブラウザーでアカウントの設定からOkta Verifyを削除します。

  1. ブラウザーから、組織のOkta End-User Dashboardにサインインします。サインインできない場合、会社のヘルプデスクまでお問い合わせください。
  2. 名前の横にある矢印をクリックし、[Settings(設定)]に移動します。
  3. Edit Profile(プロファイルを編集する)]ボタンが表示されたらクリックし、プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。
  4. 新しいQRコードを取得します。[Extra Verification(追加認証)]まで下にスクロールします。組織によっては、このセクションを[Security Methods(セキュリティメソッド)]と呼ぶ場合があります。

    Extra Verification(追加認証)]または[Security Methods(セキュリティメソッド)]セクションは、組織がこのオプションを構成した場合のみ表示されます。詳細については、会社のヘルプデスクにお問い合わせください。

    • Okta Verifyが[Security Methods(セキュリティメソッド)]セクションにある場合は、次の手順に従います。
      1. Set up another(別のセットアップ)]をクリックします。

        [Settings(設定)]ページから別のOkta Verifyインスタンスをセットアップします

      2. プロンプトに従って、本人確認を行ってください。
      3. Set up(セットアップ)]をクリックして、Okta Verifyをセットアップしていることを確認します。

        組織の構成に基づくOkta Verifyのセットアップのプロンプト

        Okta Verifyの登録QRコードが画面に表示されます。

    • Okta Verifyが[Extra Verification(追加認証)]セクションにある場合は、次の手順に従います。
      1. Remove(削除)]をクリックします。

        [Settings(設定)]のOkta Verify要素の横の[Remove(削除)]ボタン

      2. 削除を確認するメッセージが表示されたら、[Yes(はい)]をクリックします。

        [Remove Okta Verify (Okta Verifyを削除する)]ダイアログページの画面キャプチャ

      3. 画面の手順に従います。セキュリティメソッドによる本人確認が必要な場合があります。
      4. Okta Verifyの行で[Set up(セットアップ)]をクリックします。

        利用可能な認証方法のリストにある、Okta Verifyの[Set up(セットアップ)]ボタン

      5. Set up(セットアップ)]をクリックして、Okta Verifyを再度セットアップすることを確認します。

        組織の構成に基づく2つのOkta Verifyのセットアップのプロンプト

      6. デバイスの種類を選択し、[Next(次へ)]をクリックします。

        Okta Verifyの登録QRコードが画面に表示されます。

タスク2. Okta Verifyをインストールし、アカウントを追加します。

  1. デバイスに移動します。Okta Verifyをお持ちでない場合は、Apple App Storeからダウンロードし、インストールしてください。
  2. 再度アプリを開いてアカウントを追加します。
    • Okta Verifyをインストールしたら、[Add account(アカウントの追加)]をタップします。
    • デバイスにOkta Verifyがすでにある場合は、[Add(追加する)](+)をタップします。
  3. 追加するアカウントのタイプを選択します。会社名をタップします。
  4. アカウントのセットアップ方式を選択します。
    • ノートPCやデスクトップPCなど他のデバイスでコードが表示されるか確認します。[Yes, Ready To Scan (はい、スキャンする準備が出来ました)]をタップし、他のデバイスのブラウザーに表示されたQRコードにカメラを向けてください。
    • QRコードの取得方法がわからない場合は、[Where do I get my QR code? (QRコードをどこで取得できますか?)]をタップします。
    • QRコードをスキャンできない場合、[No, Sign In Instead(いいえ、代わりにサインインします)]をタップします。「iOSデバイスでアプリダッシュボードにサインインして、Okta Verifyをセットアップする」の手順に従います。
  5. メッセージが表示されたら、デバイスのプッシュ通知を許可します。それにより、Okta Verifyアプリを開かずに今後のサインイン通知を承認できます。
  6. メッセージが表示されたら、Face IDまたはTouch IDを有効にします。[Enable (有効にする)]をタップします。アカウントが追加されたことを確認するメッセージが表示されます。
  7. 次の画面がブラウザーで表示されたら、[Finish (完了)]をクリックします。(この画面は一部の場合にのみ表示されます。)

    Okta Verifyセットアップの最後のページの画面キャプチャ

  8. [Done (完了)]をタップしてアカウントの登録を完了します。これで新しいアカウントがOkta Verifyアプリで利用可能になりました。

Okta Verifyアプリのアカウント

Okta Verifyを使用して、Oktaで保護された組織のアプリにサインインできます。

関連トピック

iOS用のOkta Verifyに関するよくある質問(FAQ)

iOSデバイスのOkta Verifyのトラブルシューティング