同じiOS デバイスにOkta Verifyを復元する

Okta Verifyを削除した後に同じデバイスに復元するには、またはアプリが動作しない場合、再度アプリをインストールするだけでは不十分です。まず、組織のOkta End-User Dashboardにサインインして、アカウント設定から既存のOkta Verifyの登録を削除する必要があります。いくつかの制限が適用されます。

重要: このトピックは現在のOkta Verifyユーザーが対象となりますす。以前デバイスにOkta Verifyをセットアップしたことがない新しいユーザーは、「iOSデバイスにOkta Verifyをセットアップする」をご覧ください。

開始する前に

  • 次のいずれかの場合、Okta Verifyを復元してください。
    • Okta Verifyをすでにセットアップした後に、現在のデバイスを消去またはリセットした場合。
    • 認証ループから抜け出せない場合。ブラウザーでOkta Verifyアプリを確認するよう指示されているが、アプリでプッシュ通知が受信されていないか、またはワンタイムコードが表示されません。
    • アプリから正しいパスコードを入力しても、またはデバイスに送信されたプッシュ通知を承認しても、アカウントにサインインできない場合。
    • Okta Verifyアプリで認証コードエラーを受信し続けている場合。
  • ご使用のデバイスにOkta Verifyを復元するには、SMS(テキスト)、電子メール、またはセキュリティキーあるいは生体認証(その他)など、 Okta Verify以外のサインイン方法を使用して Okta End-User Dashboardにアクセスできる必要があります。「Oktaで保護されたアプリにサインインする」をご覧ください。他の要素をセットアップしたかどうかが分からない場合に、Oktaにサインインする際、Oktaサインインページのドロップダウンメニューをクリックします。
    セットアップ可能な異なる認証要素
  • 会社のOkta End-User Dashboardアカウントにアクセスできない場合、会社のヘルプデスクにお問い合わせください。一部の組織は、1度に1台のデバイスのみOkta Verifyをセットアップできるようユーザーアクセスを設定しています。

注意: このトピックについてさらにご質問がありますか?「Okta Verifyに関するよくある質問(FAQ)」をご覧ください。

この手順を開始する

タスク1: ブラウザーでアカウント設定からOkta Verifyを削除します。

  1. ブラウザーから組織のOkta End-User Dashboardにサインインします。サインインできない場合、会社のヘルプデスクにお問い合わせください。
  2. [Settings (設定)]を開きます。

    Oktaアカウントの[Settings (設定)]メニュー

    古いダッシュボードを使用している場合、右上のメニューから[Settings (設定)]にアクセスします。

    古いOkta End-User Dashboardの[Settings (設定)]メニュー

    • [Edit Profile (プロファイルを編集する)]ボタンが表示されたらクリックします。
    • メッセージが表示されたら、パスワードを入力します。
  3. [Extra Verification (追加認証)]セクションまで下にスクロールします。

    重要: 組織によって追加認証要件(多要素認証)が構成されている場合のみ、[Extra Verification (追加認証)]セクションが[Settings (設定)]に表示されます。詳細については、会社のヘルプデスクにお問い合わせください。

  4. Okta Verifyの列で[Remove (削除)]をクリックします。
    重要: [Estra Verification (追加認証)]]セクションでOkta Verifyを削除した後でのみ、デバイスのアカウントをセットアップできます。

    [Settings (設定)]のOkta Verify要素の横の[Remove (削除)]ボタン

  5. 削除を確認するメッセージが表示されたら、[Yes (はい)]をクリックします。

    [Remove Okta Verify (Okta Verifyを削除する)]ダイアログページの画面キャプチャ
    本人確認を求められた場合、画面の指示に従います。

  6. Okta Verifyの行で[Set up (セットアップ)]をクリックします。
  7. 利用可能な認証方法のリストの[Okta Verify Set up (Okta Verifyのセットアップ)]ボタン

  8. [Set up multifactor authentication (多要素認証をセットアップする)]または[Set up authenticators (認証子をセットアップする)]のいずれか1つのページが開きます。[Set up (セットアップ)]をクリックして、Okta Verifyの新しい登録を開始します。
    組織の構成に基づく2つのOkta Verifyのセットアップのプロンプト
  9. デバイスの種類を選択し、[Next (次へ)]をクリックします。
  10. Okta Verifyのデバイス選択プロンプト

    画面にQRコードが表示されます。

タスク2:Okta Verifyをインストールし、アカウントを追加します。

  1. デバイスから、アカウントのセットアップのためにOkta Verifyのアプリを準備します。
    • デバイスにアプリがない場合には、Apple App Storeからインストールします。アプリを開いて、手順に従います。
    • アプリはあるが、問題を解決するためにアカウントをリセットする場合、Okta Verifyを開き、タスク1でOkta End-User Dashboardから削除した古いアカウントを削除します。
      1. 削除するアカウントをタップします。
      2. スクロールダウンして、[Delete Account (アカウントを削除)]をタップします。
      3. アカウントの削除を確認します。
      4. メッセージが表示されたら、Touch ID またはFace IDを使用して本人確認を行います。
        本人確認が正常に行われると、アカウントが削除されたことを確認するメッセージが表示されます。
  2. もう一度アカウントを追加します。
    • 新しくインストールしたアプリで、[Add account (アカウントを追加)]をタップします。
    • 既存のOkta Verifyアプリでアカウントを使用する場合、[Add (追加) (+)]をタップします。
      メッセージが表示されたら、通知を許可し、カメラにアクセスします。
  3. コンピューターのブラウザーで表示されたQRコードにカメラを向けます。QRコードをスキャンできない場合、「アクティベーションリンクまたは秘密キーを使ってiOSデバイスのOkta Verifyをセットアップする」をご覧ください。

    QRコードにカメラを向けると、コードが検出され読み取られて、デバイスがOkta Verifyでセットアップされます。

    アカウントが追加されたことを確認するメッセージが表示されます。[Done (完了)]をクリックして、アカウントの登録を完了します。
    Okta Verifyの登録確認画面

  4. 次の画面がブラウザーで表示されたら、[Finish (完了)]をクリックします。(この画面は一部の場合にのみ表示されます。)
  5. Okta Verifyセットアップの最後のページの画面キャプチャ

Okta Verifyがデバイスにセットアップされ、アカウントがアプリで利用可能になりました。
Okta Verifyアプリのアカウント
Okta Verifyを使用して、組織のリソースにサインインすることができます。

関連トピック

Okta Verifyに関するよくある質問(FAQ)

Okta Verifyのトラブルシューティング