AndroidデバイスでOkta Verifyアカウントの詳細を表示する

[Account Details(アカウントの詳細)]のページで、どのOkta Verify認証オプションがアカウントにセットアップされているか確認できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

Oktaで保護されたアプリのアカウントにサインインすると、Okta Verifyを使用したさまざまな方法で本人確認を行うことができます。利用可能な認証オプションを確認するには、Okta Verifyを開き、アカウントをタップします。[Account Details (アカウントの詳細)]のページで、有効なセキュリティメソッドにチェックマークがついています。

次の例では、3つの方法でOkta Verifyにサインインする方法を説明します。

  • Authentication Code(認証コード)]:サインインページで[Okta Verify] > [Or enter code(または、コードを入力する)]、または[Enter a code(コードを入力する)]を選択した際に、このオプションを使用します。
  • Push Notification(プッシュ通知)]:サインインページで[Okta Verify] > [Send Push(プッシュを送信する)]、または[Get a push notification(プッシュ通知を受け取る)]を選択した際に、このオプションを使用します。
  • Okta FastPass]*:サインインページで[Use Okta FastPass(Okta FastPassを使用する)]、または[Sign in with Okta FastPass(Okta FastPassを使用しサインインする)]を選択した際に、このオプションを使用します。このオプションを使用すると、パスワードを入力しなくても安全にアカウントにアクセスできます。
    * 管理者への注意:この機能は、Okta Identity Engineでのみ利用可能です。

タスク

管理者への注意:このタスクは、Okta Identity Engineでのみ利用可能です。

関連トピック

AndroidデバイスでOkta Verifyのアカウントを管理する