iOSデバイスでOkta Verifyアカウントを管理する

AndroidデバイスでOkta Verifyをセットアップした後、アプリ内のアカウントを追加したり、並び替えたりすることができます。[Account Details(アカウントの詳細)]ページでは、認証方法の閲覧と構成、アカウントの名前変更、またはアカウントの削除が可能です。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

タスク

アカウントを追加する

新規ユーザーの場合、以下がアプリの初回インストール手順および設定方法です。「iOSデバイスにOkta Verifyをセットアップする

Okta Verify内に、アカウントは追加された順序で表示されます。

  1. デバイスでOkta Verifyを開きます。
  2. [Add (追加)](+)をタップします。
  3. 追加するアカウントのタイプを選択します。会社名をタップします。
    • Organization(組織):Oktaを認証プロバイダーとして使用している仕事、学校、会社向けに多要素認証(MFA)アカウントを追加します。
    • Other(その他)Okta Verifyを使用して、銀行または証券口座などの個人のアカウント用にワンタイムパスワードを生成します。
  4. アカウントのセットアップ方式を選択します。
    • QRコードでアカウントをセットアップするには、ノートPCやデスクトップPCなど他のデバイスでコードが表示されるか確認します。[Yes, Ready To Scan (はい、スキャンする準備が出来ました)]をタップして、他のデバイスのブラウザーに表示されたQRコードにカメラを向けてください。
    • QRコードの取得方法がわからない場合は、[Where do I get my QR code? (QRコードをどこで取得できますか?)]をタップします。
    • QRコードをスキャンできない場合、[No, Sign In Instead (いいえ、代わりにサインインします)]をタップします。

      組織がサインイン認証をサポートしていないというメッセージが表示された場合は、「アクティベーションリンクまたは秘密キーを使ってiOSデバイスのOkta Verifyをセットアップする」を参照してください。

      1. 組織のサインインURLを入力して[Next (次へ)]をクリックします。サインインURLは、組織のポータルにアクセスするためのブラウザーで使用するウェブアドレスです。example.okta.com、または、atko.bizというようなアドレスです。
      2. 電子メールアドレスを入力して[Next (次へ)]をタップします。組織の技術部門からセットアップ手順が送信されたメールのアドレスを使用してください。同じ組織に対して追加のアカウントをセットアップする場合は、新しいアカウントにそのメールアドレスを入力してください。
      3. パスワード、または他の構成済みのセキュリティメソッドで本人確認を行います。
  5. メッセージが表示されたら、デバイスのプッシュ通知を許可します。そうすることで、アプリを開かずに今後のOkta Verifyの通知を承認できます。
  6. Face IDまたはTouch IDを有効にします。

    アカウントが追加されたことを確認するメッセージが表示されます。

  7. [Done (完了)]をタップしてアカウントの登録を完了します。

    これで新しいアカウントがOkta Verifyで利用可能になりました。

  8. これはオプションです。このアカウントをOkta FastPassを使用してサインインするデフォルトのアカウントにします。メッセージが表示されたら、[Set as Default(デフォルトとして設定する)]をタップします。詳細については、「iOSデバイスでデフォルトのOkta FastPassアカウントを設定する」を参照してください。

アカウントを並び替える

  1. デバイスでOkta Verifyを開きます。
  2. メニュー (...) > [Edit (編集)]をタップします。
  3. アカウントの移動ハンドルiOSデバイスのOkta Verifyにあるアカウントの移動ハンドルを長押しして、選択した場所にドラッグします。
  4. [Done (完了)]をタップします。

アカウント名を変更する

  1. Okta Verifyを開き、名前を変更するアカウントをタップします。
  2. [Account details (アカウントの詳細)]ページで[Manage account (アカウントを管理する)]セクションを開き、[Rename account (アカウントの名前を変更する)]をタップします。
  3. アカウントを認識しやすい直感的な名前を入力し、[OK]をタップします。
  4. Done(完了)]をタップします。

ヒント:アカウントの元の名前を復元できます。アカウント名をタップします。[Rename Account (アカウントの名前を変更する)]をタップして、ウィンドウを空白のままにします。次に[OK]をタップします。

アカウントを削除する

アカウントを削除すると元に戻すことはできません。Okta Verifyでアカウントを削除した後、他のセキュリティメソッドがセットアップされていない限り、削除したアカウントに関連付けられたアプリにサインインできなくなります。

  1. デバイスでOkta Verifyを開きます。
  2. メニュー (...) > [Edit (編集)]をタップします。
  3. 削除しようとするアカウントの横にある[Delete (削除)]をタップします。
  4. [Done (完了)]をタップします。

また、[Account Details (アカウント詳細)]ページからアカウントを削除することもできます。

  1. Okta Verifyを開き、削除するアカウントをタップします。
  2. アカウントの詳細ページで、Manage account (アカウントを管理する)セクションを開き、[Delete account (アカウントを削除する)]をタップします。
  3. アカウントの削除を確認します。
  4. メッセージが表示されたら、生体認証(Touch IDまたはFace ID)を使用して本人確認を行います。
    本人確認が成功すると、アカウントが削除されたことを確認するメッセージが表示されます。

アプリを削除するには、「iOSデバイスからOkta Verifyアプリを削除」を参照してください。

アカウントを削除する際に、Okta Verifyをセットアップするよう誤って求められる場合があります。セットアップ画面で[Cancel(キャンセル)]をタップして、[Set up required(セットアップ必須)]のメッセージを無視してください。これでOkta Verifyアカウントは適切に削除されました。

関連トピック

iOSデバイスのOkta Verifyでサインインする