WindowsデバイスのOkta Verifyのトラブルシューティング

WindowsデバイスでOkta Verifyの問題をトラブルシューティングする方法および問題を報告する方法を説明します。

問題が解決されない場合、ヘルプデスクにお問い合わせください。

管理者への注意:Windows用のOkta VerifyOkta Identity Engineでのみ使用できます。

Okta Verify機能は、所属組織が行った構成に基づいて使用できます。

  • Okta Verifyのアカウントをすでに持っているのですが、Okta Verifyをインストールするかアカウントを追加するように指示がありました。

  • 次のいずれかを実行してください。

    • Okta Verifyでユーザー検証(生体認証)を有効にします。
      1. 適切なアカウントをクリックしてください。
      2. [Enable Windows Hello (Windows Helloを有効にする)]をクリックします。
      3. もう一度アプリにアクセスしてください。
    • 別のデバイスにOkta Verifyをインストールし、PushおよびTOTPを登録してから、このデバイスを使用しアプリにアクセスします。
  • 複数のデバイスにOkta Verifyをインストールし、それぞれのインストール先に同じアカウントを追加できますか?

  • はい。ただし、以下を必ず行ってください。

    • Okta Verifyの初回インストールは、追加のデバイスにサインインする際に使用できる認証要素 (例:Yubikey、SMS、Okta Verify with Push)を使用してセットアップしたアカウントが必要です。
    • 最初のOkta Verifyの登録がデスクトップデバイスで行われた場合、次のOkta Verifyの登録はモバイルデバイスで行う必要があります。2台目のモバイルデバイスを登録するには:
      1. 最初に登録したデバイスを使用してブラウザーを開いてから、End-User Dashboardに移動してください。
      2. [Setting (設定)] > [Extra Verification (追加認証)] (一部のユーザーは[Setting (設定)] > [Security Methods (セキュリティ メソッド)]に移動してください。
      3. Okta Verify]を使用するには、[Set up another(別のセットアップ)]をクリックします。
      4. 認証を求められ、QRコードが表示されます。

      5. モバイルデバイスでOkta Verifyをインストールし、QRコードをスキャンします。
      6. QRコードをスキャンすると、モバイルデバイスでOkta Verifyがセットアップされます。

  • 「問題が発生しました。もう一度お試しください」というエラーが、Okta Verifyアカウントを追加しようとすると表示されます。どうすればよいですか?

  • 次を確認してください。

    • お使いのデバイスがインターネットに接続しているか確認します。
    • ブラウザーからEnd-User Dashboardを開き、サインインできることを確認します。
    • 正しいサインインURLを入力したことを確認します。

    問題が解決しない場合は、Oktaに報告してください(アプリのアイコンを右クリックし、[Report Issue(問題を報告する)]を選択します)。

  • [My Account Details(マイアカウントの詳細)]の画面に「あなたのデバイスまたはアカウントは、Okta Verifyでの使用が無効になっています。」というエラーが表示されます。どうすれば解決できますか?

  • Okta Verifyアカウントが無効になったため、使用できなくなりました。再登録するオプションが表示された場合は、アカウントを再登録してください。それ以外の場合でサポートが必要な場合はヘルプデスクにお問い合わせください。

    WindowsデバイスでOkta Verifyアカウントを再登録する」を参照してください。

  • Window Helloを無効にするには、どうしたらいいですか?

  • WindowsデバイスのOkta VerifyでWindows Helloまたはパスコード認証を構成する」を参照してください。Windows Helloが所属の組織で必須である場合、無効にすることはできないのでご注意ください。

  • Windows Helloを無効化した後、認証システムのリスト内に「Sign in with Okta FastPass」のオプションが表示されたままで、動作していません。どうすれば解決できますか?

  • Okta VerifyでWindows Helloを無効にしてから、もう一度有効にしてください。

    WindowsデバイスのOkta VerifyでWindows Helloまたはパスコード認証を構成する」を参照してください。

    デバイスでWindows Helloを使用せず、ユーザー認証(生体認証)が必須の場合:

    1. ブラウザーでOkta End-User Dashboardを開きます。
    2. [Setting (設定)] > [Extra Verification (追加認証)] (一部のユーザーは[Setting (設定)] > [Security Methods (セキュリティ メソッド)]に移動してください。
    3. Okta Verifyの下にある該当するデバイスで、[Remove(削除する)]をクリックします。

    後でWindows Helloをもう一度有効にする場合は、Okta Verifyでユーザー検証(生体認証)を有効にする必要があります。

    サポートが必要な場合は、ヘルプデスクまでお問い合わせください。

  • 一部のネイティブ アプリケーションにアクセスしようとすると、Windows Helloを使用した最初のユーザー認証の試行は失敗したり応答しませんが、2回目の試行では成功します。

  • これは既知の問題です。一部のシナリオでは、Okta VerifyがWindows Helloを適切にアクティブ化してフォーカスを合わせることができません。この問題が発生した場合は、Windows Helloプロンプトをクリックし、生体認証センサーが反応する前にフォーカスを合わせるようにしてください。

  • 自分のデバイスからOkta Verifyを削除する方法を教えてください。

  • 自分のデバイスからOkta Verifyを削除しました。ヘルプデスクに連絡せずに、自分でOkta Verifyを再インストールしてセットアップできますか?

  • はい。管理者のアクセス許可があればできます。登録に失敗した場合は、ヘルプデスクに連絡してください。

  • どのようにしてOkta Verifyの問題を報告すればいいでしょうか。

  • Windowsのシステムトレイで、Okta Verifyアイコンを右クリックし、[Report Issue(問題を報告する)]をクリックします。必要な情報(パスワードやその他個人情報を除く)を入力し、レポートを提出してください。ログは自動的に含まれます。このデータは匿名で収集され、Oktaが問題をトラブルシューティングする際に役立ちます。

    Report Issue(問題を報告する)]ボタンが使用できない場合は、Oktaと診断情報を共有するようにセットアップされていません。

    Windowsデバイスの診断情報をOktaと共有する」と「WindowsデバイスからOkta Verifyのフィードバックを送信する」を参照してください。